Voice-Styleは運用テスト中です

じょんと寺島惇太がパーソナリティ! 『犬小屋ちゃんねる』第5回・第6回レポート到着

じょんと寺島惇太がパーソナリティを務める、トーク番組『犬小屋ちゃんねる』。第5回・第6回レポートが届いたので紹介しよう。

<収録に入りきらなかったさらなる裏話も 「犬小屋ちゃんねる」第5回収録レポート>
アニメイトチャンネルとdアニメストアにて配信されている、ツキノ芸能プロダクションに所属するアーティスト・じょんと、声優・寺島惇太が贈るウェブ動画ラジオ「犬小屋ちゃんねる」。
今回は第5回収録の模様のレポートのほか、収録後に行ったインタビューの模様も合わせてお伝えしていきます!
05img_6762
■初イベントの裏話が次々と語られる!
オープニングトークでは9月に入って第1回目の放送ということで、2人が俳句を詠むことに。番組冒頭から、物議を醸す作品も登場し軽快なトークも止まりません。そんな第5回では、8月11日に行われた犬小屋ちゃんねる開設記念イベント「WAOOON vol.1-初鳴き-」の感想を中心にトークを繰り広げられました。
行われた「リメンバー成増」というコーナーでは、それぞれイベントの裏話を語るべく、キーワードを発表。「スモークたきすぎ」「ピンマイクか」「あれ」という気になるキーワートを元にイベントを振り返ります。イベント当日はトラブルも多かったようで、様々な裏話の連続に2人トークも終始
収録後は寺島さんとじょんさんも次のイベントについて、「やりたいな」と話す姿も。実現はまだ先かもしれませんが、2回目のイベントの実現にも期待してしまいますね。そして、以下からは収録後に行ったインタビューの模様をお届け。放送では収まりきらなかった、イベントの裏話などを教えてもらいました!

05img_6798
■イベントはオープニングからドタバタの連続
――まず、収録を終えてのご感想をお聞かせ下さい。
寺島 イベント後の初収録ということで、語り尽くせないほどイベントの思い出がいっぱいありました。イベント中に気になった点や、ここをツッコミたかったという点を振り返りました。聴いて下さる方でイベントに来れなかった方にもこういう雰囲気だったというのが伝わればなと思って今回は収録させていただきました。
じょん 40分まるっと振り返りで語り尽くしてますので。
寺島 いままでで一番喋ったんじゃないですか。
じょん 喋ったね。ずっと喋ってた(笑)。
寺島 やっぱりイベントを1回やったことでワンランクアップしたというか。スタジオもいつもと違かったんすけど、WAOOONとしてより結束が固まったのかなみたいな……ことを言っとく?
じょん 言っといて(笑)。

05img_6811
――手応えとしてはいかがでしたか。
じょん 可能性しか感じなかったですね。
寺島 バッチリでした。大作ゲームの体験版をやった時のような。「これ凄いぞ!」みたいな。
じょん 手作りでやっていてしょっぱなのイベントだったから、正直不安なところも色々あったんですよ。歌も作りたてだったし、やったこと無いコーナーもやるし。でもいざ出てみたら、お客さんは温かいし、やってたら2人で遊んでるみたいで楽しいし(笑)。
寺島 楽しかったね。またやりたい。早くやりたい。

05img_6834
――今回はイベントのエピソードを話す回となりましたが、収録では話しきれなかったエピソードなどはありますか。
寺島 出番前にサプライズで会場の後ろに潜んでいて、影ナレを喋って歌と同時に客席に登場するという仕掛けだったんですけど、結構バタバタだったんです。直前にトイレとか行っちゃって、缶バッチも付けなきゃとか色々慌てていて。結局スタンバイして2、3分くらいで出なくちゃいけなくなり、「行って。早く!」って言われて「も、もう?」みたいな。
じょん 何から話そうかとか考える余裕もなくね。
寺島 「あ、どうもー」みたいに登場して(笑)。
じょん でも、そんな風にドタバタしてたわりに、登場した後は普通にトークしているから、「うわぁコイツ仕上がってる!」って驚きました。僕の方が逆に緊張しちゃって、惇太のフリにも「う、うぇーい!」みたいな何の中身もない返事したりして(笑)。まぁでも最初が歌だったので、歌い出しちゃったらもう大丈夫だったんですけど、ただ後ろから会場に入ったから観客の誰も気づいて無いんだよね。
寺島 そうそうそう! 後ろにスポットライトとか当ってバンって出ればみんな向くけど、ぬるりと歌いながら入ってったから、みんな前向いて「あれ、どこ?」みたいな感じで。自分たちから気づかれにいくっていうね。
じょん 「いるよ~!」みたいな。
寺島 それでジワジワ気づきだして、ぬるっと盛り上がった。でもあのへんも犬小屋っぽかったね。
じょん 「気づいて!」みたいなね(笑)。

05img_6802
――続いて、2回目のイベント開催を熱望されているということで、次のイベントでやりたいことなどありますか。
寺島 歌はとりあえず増やしたいなと。
じょん そうだね。あとゲストも。
寺島 やっぱりゲストが増えるとやれるコーナーの幅も広がるし、ペアで組んでチーム対決とかもやってみたいね。
じょん あとちゃんと形として残る物をやりたいよね。例えばライブに向けたアルバムを作って、アルバムも発売しながらやるとかね。
寺島 ツアーみたいなね。
じょん ミュージシャンとしての一面をもっと。
寺島 一応僕達音楽ユニットっていう体なんですけど、次は若干音楽ユニット寄りでやりたいですね。
じょん あと劇みたいなのもやりたいです。
寺島 自分たちで台本とか考えてミニコントをやろうかなっていうのもあるので、そういうのがあるとゲストの方にも「この役でお願いします」とか出来るよね。新しい事にどんどんチャレンジしていきたいと思います。

05img_7094
――最後に皆様へ向けてメッセージをお願い致します。
寺島 第5回はイベントの振り返りだったんですけど、来てくれた方は僕達の話を聞きながら「そんなことあったね」とか、裏話とかもあるので新しい発見もあると思います。来れなかった皆様は、少しでもイベントの雰囲気とかが伝われば良いなと思って喋ったのでお楽しみに!
じょん イベントの中でスイカ割りをしたんですけど、今回冒頭で秋の一句を詠ませてもらったり、チラチラ季節感に沿った事もできてるかなと思います。なので季節を感じたい方にも『犬小屋』を通して一緒に時を歩んでいければ良いなと思います。

————————————————————————————————————————-
<「犬小屋ちゃんねる」初ゲストが登場した第6回の模様をレポート!>

公私ともに仲の良いツキプロ所属のアーティスト・じょんさんと、声優の寺島惇太さんが贈るバラエティ番組「犬小屋ちゃんねる」。9月15日に配信予定の第6回では、パーソナリティ2人とも親交が深い番組発ゲストの土岐隼一さんをゲストに迎えて、様々なトークを繰り広げました。第6回では収録の模様に加えて、収録後のインタビューの模様もお伝えしていきます!
06img_6985
■息の合った3人のトーク
初のゲストである土岐さんを迎えて第6回の放送が始まります。公私ともに親交がある3人ということで、終始息の合った軽快なトークが繰り広げられました。
今回の放送の中で特に盛り上がったのが、しりとり形式で甘い言葉を披露し、甘くない言葉を言った人が負けという対決に3人が挑戦。誰もが認める甘い言葉から、謎の迷言も飛び出すコーナーとなりました。それぞれどのような甘い言葉を披露したのかは配信で確認してみてください!
そんな甘い言葉対決の振り返りなどを収録後の3人にインタビューを実施。放送と同じく3人の掛け合いに注目です!

06img_6847
■土岐さんが“犬ちゃファミリー”に参加!
――第6回の収録を終えてのご感想をお聞かせ下さい。
寺島 初ゲストということで前からゲストを呼ぶとしたら親しいところからと言っていてたので。
じょん ずっと来て来てとは言っていたんだよね。
寺島 そうそう。会う度に「ぜひ来てよ」って言っていてようやく来てくれて。本当にいつもと変わらないテンションで出来たね。
土岐 思った以上に気張らなくて良いんだなって思いました。
一同 (笑)
土岐 ここまで何も気を遣わない内容があっただろうか、という感じですね。
寺島 そういう番組作りを目指してますから。しばらくギアを入れすぎていると、途中でガス欠とかを起こしちゃうので。常にゲストの方が来てくれてもアットホームな雰囲気でやっていただけるように。
じょん 自然体でね。あんまり他ではそういう気張ってない姿って言うのは見れないかもしれないですね。
寺島 どうしても頑張り過ぎちゃったり、難しいコーナーがあることも。

06img_6857
――大変ですね……。
じょん 僕結構、今回の甘い発言のコーナーとか辛かったです(笑)。
土岐 あのコーナーは、その人の本質が出るなと思いました。
寺島 我々は仕事柄、甘い言葉をしゃべる機会があったりするので、引き出しもそれなりに増えていったりするんですけど、じょんさんは慣れてないでしょうから。
じょん 引き出しが無い(笑)。
土岐 だから頭の中にあるキーワードがそのまま出てきた結果、あの回答になったっていうね。
じょん あんまり脈略は無いんだけどね。
寺島 じょんさんは恥ずかしさもあると思うから、最終的にちょっとボケたところもあったんじゃないですか?
じょん そうなのかもしれない。照れ隠しでね。「手を繋いで」とか言えないです。
寺島 ガチで甘い奴はちょっと避けてくから。
じょん あとコーナー的に1個1個ツッコミを入れていくのかなと思ったら、そうでもないんだね。
土岐 ツッコミを入れるほどのクオリティのものを出せてないっていうだけかも(笑)。
じょん 最初の“ヌルヌルのタイル”は気になったけどね(笑)。
寺島 僕もあれはオッケーが出るかの瀬戸際でした。結構みんなが“ぬ”で困ってたから、なんとかしなきゃとチャレンジしたんです。「なんか出るだろ」と思ったけど、何も出なかった。
一同 (笑)
寺島 今考えると「温もりをあげるよ」とか言えばよかったんですけど、あの時は“ヌルヌルのタイル”しか思い浮かばなかった(笑)。

06img_6859
――その点、土岐さんの安定感は素晴らしかったですよね。
寺島 さすがやっぱりお手の物でしたね。そういう仕事も多いもんね。
土岐 逆に今までそういう事を経験された事がないじょんさんが何を言うんだろうってニヤニヤしながら見ていました。「良いコーナーだな」って思いました(笑)。前にある収録で、その場のノリでじょんさんにアフレコやってもらおうとしたんですけど、凄く恥ずかしがっていたことを思い出しました。
じょん いやいや、読めないですって(笑)
土岐 人前であれだけ歌えるのに。
じょん 声優さんとか役者さんって、まず羞恥心とか人から見られる臆病さを取り除くところから始まるんだなと思います。
寺島 じゃあこの番組を通して、じょんさんの羞恥心を取り除いて行きたいと思います。
土岐 また新しいステップを登れるかもしれない。もっとキザなワードが使えるかもしれない。
じょん 怖いなぁ……(笑)。

06img_7079
――最後にファンの方々へメッセージをお願い致します。
じょん 今回、土岐さんがゲストに来てくれて凄くアットホームな僕らを観ていただいたと思うんですけど、これからも色んな仲良しのあの人とかこの人を呼んでみんなを犬に染め上げたいと思うので、期待して下さい。
寺島 TVのバラエティ番組でもレギュラーゲストみたいなのあるじゃないですか。大きなイベントになると必ず出てるみたいな。土岐くんにも今度イベントをやることがあればゲストとして出て欲しいなと思います。あと、どんどん犬ちゃファミリーを増やしていきたいと思います。
土岐 改めまして番組に呼んで頂いてとても嬉しかったですし、良い意味でありのままでいられる、とても新鮮な番組でした。とても居心地が良くて楽しかったですし、その中でも新しい一面が見れたりもしました。これからも犬ちゃファミリーとして、みんなと関わる事ができたらなと思います。

【配信情報】
2016年7月7日(木)から配信開始
月2回(第一、三木曜)配信 ※アニメイトチャンネルは翌土曜日配信

■Youtube(公式配信)

■アニメイトチャンネル(有料配信・特典映像あり)
http://www.animatechannel.com/movie/337688501865466

■dアニメストア(有料配信・映像特典あり)
https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci_pc?workId=21008#!0i=1&1i=1&2i=1

公式サイト:http://www.tsukino-pro.com/inugoya_ch/
公式Twitter:@inugoya_ch

関連サイト