Voice-Styleは運用テスト中です

【Say! You! Song! 第5回】田所あずさ2ndアルバム『It’s my CUE.』

みなさま、こんばんは!
10月になり、秋アニメも続々と始まっていますね。アニメ本編はもちろんですが、楽曲の面でも非常に楽しみです。

スポンサーリンク

さて、今回は田所あずささんの2ndアルバム『It’s my CUE.』を取り上げます!

今週末の7日(金)・8日(土)にはこの2ndアルバムをひっさげてのワンマンライブ『Azusa Tadokoro LIVE 2016~before the CUE/OVERDRIVE&DISTORTION~』が恵比寿LIQUIDROOMで開催されます。ちなみに、同じ会場での2Daysライブは初めてとのこと。

 

◆田所あずさ2ndアルバム『It’s my CUE.』

アルバムはTr1『Come on,A-Z!!(before the CUE)』から。2分ちょっとという短さですが、一瞬で引き込まれます。特に、Bメロの「say!」が強い。この一言だけでアルバムへの期待も不安も全部まとめて「楽しい」という感情に変えてくれます。
そこから続くTr2『It’s my CUE.』。アルバム表題曲であり、タイトルには「みんなを引っ張っていけるようなアーティストに憧れる」と語る田所さんの様々な想いが詰まっています。歌詞もひたすら前へ、という印象。自分が目指すものを見据えたひとつの『宣言』なのかもしれません。

Tr4『spit out』は田所さん自身が作詞を担当しており、自分に向けた歌詞でもあるとのこと。「行き場のない苛立ち」や「全てぶち壊して」など随所に攻撃的な感情が見て取れます。泥臭くも共感してしまう非常にロックな1曲ではないでしょうか。

Tr7『夜はいつか朝になる』では一転して前向き。「夜はいつか朝になる」という当たり前のことを歌っているのですが、心がじんわりと温まるような感覚です。語りかけてくるような優しい歌声もそれを加速させるのです。

作詞だけでなく初めての作曲も担当したTr10『アンソリティア』では王道なカッコよさを作り上げています。元々ロックが好きでロックを歌うことを求めてきた田所さんの初作曲作品ということで、田所さんが理想とするロックのひとつと考えてもいいかもしれません。ちなみに、作曲時には楽器を使わず、鼻歌からメロディを作っていったそうです。

Tr12『DREAM LINE(CUE mix)』は1stシングルのリミックスverです。楽曲の方向性をロックに定めた最初の1歩であるこの曲をアルバム終盤に入れてくるにくい構成。アルバム1曲目から様々な形のロックを歌い、ここで原点に立ちかえるのです。

アルバムは続きTr14『Boom! Boom!』。原点に立ちかえった後、また新しいスタイルを見せてくれます。いい意味でのテキトーさ。それは今までのまっすぐで力強い歌とは違う魅力です。まさしくアーティスト田所あずさの『可能性』と言えるのではないでしょうか。

『It’s my CUE.』
【発売日】2016年7月6日
【価格】BD付限定盤 4,800円+税
【品番】LACA-35562
Amazon詳細ページへ
 

さぁ、今週はここまで。
今回は田所あずささんの2ndアルバム『It’s my CUE.』を取り上げました。
田所あずささんの目指すロックを全身で感じることができる1枚です。
それでは、来週もお楽しみに!

関連サイト

スポンサーリンク