Voice-Styleは運用テスト中です

安済知佳、安野希世乃が出演! 「D-World Vol.0」にて披露された『エスカクロン』、アニメ化決定

安済知佳、安野希世乃が、「D-World Vol.0」にて朗読した『エスカクロン』。こちらがアニメ化が決定したぞ。

スポンサーリンク

この度、DIVEⅡレーベルが主催したイベント「D-world vol.0」にて披露された朗読劇「エスカクロン」が、水島精二他豪華スタッフでアニメ化されることが決定致しました。

「エスカクロン」は、なにもないモノクロームな終末の世界からやってきた2人の少女、エスカとクロンが繰り広げるハートフルストーリー。太陽と月のように対照的な2人が、現実世界で光や音に触れることで、未来世界が徐々に鮮やかな世界へと移り変わってゆきます。
本作は、2016年7月10日に一ツ橋ホールで開催されたイベント『「D-World」vol.0』にて、楽曲と共に朗読劇として披露され、好評を博したことをきっかけに、総監督を務める「機動戦士ガンダム00」「鋼の錬金術師」「UN-GO」等の水島精二を始め、脚本には髙橋龍也、キャラクター原案には、水無月徹等の豪華スタッフが集結。
%e3%80%8c%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%80%8d%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab
また、タイトルにもなっており、物語の鍵を握る二人の少女を演じるのは、「響け!ユーフォニアム」(高坂 麗奈役)、「棺姫のチャイカ」(チャイカ・トラバント役)等の安済知佳と、「マクロス△」(カナメ・バッカニア役)、「冴えない彼女の育てかた」(加藤恵役)の安野希世乃。二人と水島総監督とは、フジテレビ系ノイタミナ枠で放送された「UN-GO」以来のタッグとなります。
長い髪と澄んだ瞳が特徴的で、どこか神秘的な雰囲気を漂わせる美少女エスカを安済知佳が、エネルギーに満ち溢れた、明るい笑顔が魅力のクロンを安野希世乃が演じます。本日解禁されたメインビジュアルには、秋の柔らかい陽射しの下、窓辺で微笑むエスカとクロンの姿が描かれています。待望のアニメ化に二人からもコメントが到着。
安野は「ついこの間、初めての朗読をみなさまにお披露目することができたエスカクロンが、こんなに早くアニメーションで動き出すなんて夢にも思いませんでした! 今でもまだビックリがおさまりません。」と早期のアニメ化決定に驚き、また安済は「歌から始まったエスカクロンの世界を、さらに表現の術が増えるアニメーションで観ることが出来るなんて夢のようです。アニメーションになることで、わたしも知らない彼女の仕草や表情が観れると思うと…アフレコへの逸る気持ちが止まりません!(笑)」と早くも制作への意欲を募らせております。

また、水島精二総監督からも、「スタッフも万全です。歌のバックボーンでしか無かった2人の物語は、安野さん、安済さんの愛を起爆剤に、様々な人を巻き込んで、まさかの大進化を遂げました。まだまだ、始まったばかりのエスカクロンの物語ですが、僕らも注げる限りの愛を注ぎ、育てて行きたいと思います。どうか、応援よろしくお願いします。」との熱いコメントが届いています。

アニメ化を始めとした、今後の「エスカクロン」プロジェクトの動向に、是非ご注目下さい。

【水島精二総監督】
4年以上前、音楽プロデューサーから依頼され、歌を歌うバーチャルなキャラクターとそのバックボーンの創造を、髙橋くん、水無月くんを巻き込んで作りました。
物語としてのエスカクロンは、あくまでも2人が歌う歌のバックに潜ませる。主役はあくまで音楽。その歌唱者はキャラクターであって、演者は公表しない。そんな企画としてのスタートでした。
しかし、とある事情から時間だけが経過、元々の計画をやり切るのに4年かかってしまいました。とはいえ、なんとか作り切り、終わりを迎えられた事に寂しさと安堵を覚えた時、ふいに田中プロデューサーからメールをいただきました。
エスカクロンの中の人、安野さん、安済さんがエスカクロンを愛してくれていた事がキッカケで、イベントの朗読劇でエスカクロンを扱いたいとの申し入れ。元々時間のかかり過ぎた企画がまさかの展開。
2人が演じるキャラクターの物語として表に出る事になったのです。そこからのスピード感は物凄く、めまいすら覚えるくらいでした。朗読劇の直前リハの時にはアニメ化の打診、そしてそこから調整を重ね、今回の発表に至りました。
スタッフも万全です。歌のバックボーンでしか無かった2人の物語は、安野さん、安済さんの愛を起爆剤に、様々な人を巻き込んで、まさかの大進化を遂げました。
まだまだ、始まったばかりのエスカクロンの物語ですが、僕らも注げる限りの愛を注ぎ、育てて行きたいと思います。どうか、応援よろしくお願いします。

【安野希世乃】
ついこの間、初めての朗読をみなさまにお披露目することができたエスカクロンが、こんなに早くアニメーションで動き出すなんて夢にも思いませんでした! 今でもまだビックリがおさまりません。
奇跡みたいなご縁から生まれたこの企画。願わくは…デビューして間もなかった頃に出逢い今日まで育ってくれた、私たちにとってこどもみたいなエスカクロンの2人が、作品そのものが、どうか幸せになってくれますように。みなさまのもとに幸せを届けてくれますように。
どんな展開をしてゆくかはまだまだこれからのことですが、どんな形になっても最後まで心を込めて、エスカクロンを見届けたいと思います。2人の旅が多くのみなさまの心に響いて、たくさん∞愛されますように。みなさま、エスカクロンをどうぞよろしくお願いします!!

【安済知佳】
歌から始まったエスカクロンの世界を、さらに表現の術が増えるアニメーションで観ることが出来るなんて夢のようです。ようやく今年になって陽の目を浴びることが出来て、歌でしか表現したことのなかったエスカを、朗読にて言葉で伝えられただけでも物凄く幸せでした。
アニメーションになることで、わたしも知らない彼女の仕草や表情が観れると思うと…アフレコへの逸る気持ちが止まりません!(笑) 彼女たちの物語を、少しでも多くの方に知っていただけるよう、そして楽しんでいただけるよう、制作チームのお力をお借りしながら、わたし個人も出来ることを全力で頑張ります。
とっても素敵な世界になると思います。沢山の人とその世界を共有して楽しみたいです! 応援よろしくお願いします!

<アニメ『エスカクロン』概要>
【総監督】水島精二 「機動戦士ガンダム00」
【監督】山口ひかる 「銀魂」「おそ松さん」コンテ・演出
【脚本】髙橋龍也 「アイドルマスター/シンデレラガールズ」
【キャラクター原案】水無月徹 「ToHeart」
【キャラクターデザイン】渡部里美 「アイカツ!」作画監督・デザインワークス
【音楽】Hifumi,inc.
【アニメーション制作】 ラルケ「ダンガンロンパ」「暗殺教室」
【キャスト】安済知佳(エスカ) 安野希世乃(クロン)

公式HP:http://escha-chron.jp/  公式Twitter:@escha_chron

関連サイト

スポンサーリンク