Voice-Styleは運用テスト中です

【ラジオフック第25回】井口裕香、加隈亜衣、石川由依の三人がメインで初共演! 内山昂輝わざと選ばない疑惑がついに解明

ラジオのコラムですが、あえてテレビの話をちょっとだけ。
10月になり、新番組も始まったわけですが、
筆者はとあるバラエティ番組が始まって喜びまくっています。
数年前に放送された番組が復活、本当に嬉しいです。
さて今回紹介する番組は、『ラジオレコラヴ!~ドキドキアップロード♪~』と、『内山昂輝の1Room』です。
 

スポンサーリンク

fireshot-capture-3-%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%ac%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%b4%ef%bc%81%ef%bd%9e%e3%83%89%e3%82%ad%e3%83%89%e3%82%ad%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

『ラジオレコラヴ!~ドキドキアップロード♪~』
パーソナリティー:井口裕香、加隈亜衣、石川由依
配信日:音泉(10月20日(木))

まず紹介したいのは、新しく配信された番組『ラジオレコラヴ!~ドキドキアップロード♪~』です。
この番組は、PSVita用ソフト『レコラヴ Blue Ocean/Gold Beach』のラジオ番組で、
パーソナリティーは真奈役の井口裕香さん、結菜役の加隈亜衣さん、凛世役の石川由依さんが担当。

冒頭の番組説明では、「『レコラヴ』の魅力をお届けしつつ、パーソナリティー3人のすべてを映していこうという番組です!」
と紹介されるのですが、別に映像付きの番組ではありません。
出演者も「映し出す……?」「これラジオ……」「あっ……」みたいな感じになってました。
もちろん僕もです。
最後の最後に映像があるのかな、などと淡い期待を抱いていた時間もありましたが、そんなことはありませんでした。

ともかく番組は初回ということで、まずはパーソナリティー同士で恒例の共演チェック。
筆者の記憶では、あまり目立った共演が見受けられない三人だったので、ちょっと新鮮に感じました。
実際、御三方が確認してみても、メインでの共演は無い様子。

そのため、初めて絡むときの恒例行事、あだ名を決めよう、「敬語やめない?」のくだりがスタート。
敬語はなかなか難しいものですが、仲良く第1回の配信をお届けされていました。

ゲームはもちろん、この三人の関係の進歩も要注目ですね。
 

fireshot-capture-4-%e5%86%85%e5%b1%b1%e6%98%82%e8%bc%9d%e3%81%ae1roomone_joqr%e3%81%95%e3%82%93-i-twitter-https___twitter-com_one_joqr

『内山昂輝の1Room』
パーソナリティー:内山昂輝
配信日:文化放送(10月14日(金))

二つ目に紹介するのは、内山昂輝さんがパーソナリティーを務める『内山昂輝の1Room』。
リスナーから送られたメールで、筆者がこのラジオで抱いていた疑いが晴れたのです。

この番組には、「内山さん、これ買いです!」という内山さんの購買欲を誘うような
オススメの商品をリスナーから募集するというコーナーがあるのですが、
今まで「買う」と言ったものがないため、意地で言わないようにしているのでは、と思っていたのです。

メールを送ったリスナーも少し疑問に持ったのか、逆に内山さんが自分で探して
買ってしまったものはありますか? という質問を投げかけたのです。
これに対し内山さんは、なぜ今まで「買う」を選ばなかったのかを暴露。

「まあ、断ることを前提にメールを読んでいるってところはありますよねー……」

!?

「必ずってことはないですけど、なにか理由を探していって、見つからなかったら負けだ……、
まあ負けっていうか、そこで時代が変わるって感じでやってますね」

やっぱりか!
やっぱりそういうことだったのか!

いや、嫌いではないですけどね。
凄く内山さんらしいと思います。
これからメールを送るリスナーは、内山さんが理由を見つけきれないような、
降参するようなものを見つけていくという方針にするといいかもしれませんね。
 

 
今回は、こちらの二つの番組を紹介させていただきました。
レコラヴの三人は、ありそうで無かった三人なので、今後に注目したいです。
そして内山さんは、やっぱりわざとだったんだなと分かってスッキリしました。

関連サイト

スポンサーリンク