Voice-Styleは運用テスト中です

【Say! You! Song! 第8回】牧野由依4thアルバム『タビノオト』

みなさま、こんばんは!
寒いと思ったら急に暑い。かと思ったらまた寒い。
ここのところ毎日の気温差が激しいのでみなさま、体調には気をつけてくださいね。

さて、今回は先日約1年ぶりの新譜をリリースした牧野由依さんの4thアルバムを取り上げます!
来年の1月22日(日)には恵比寿ザ・ガーデンホールでの単独コンサートも決定しています。

 

◆牧野由依4thアルバム『タビノオト』

アルバムはサビが印象的なTr1『ワールドツアー』からスタート。デビュー10周年記念アルバムであり、“旅”をテーマとしたこのアルバムを象徴する1曲です。サビには世界の様々な都市が登場し、まさに“ワールドツアー”。歌詞には行ったことがない都市もたくさん出てくるということですが、今後の活動がさらにワールドワイドになるのではと期待してしまいます。実際、歌った後に歌詞に登場する都市でのお仕事があったのだとか。
続いてTr2『星に願うなら』。Aメロの揺れるようなメロディラインがとても素敵です。ポップで可愛らしく少し切ない。牧野さんの透き通るような歌声あってこその可愛らしさと切なさの共存ではないかなと思います。

Tr4 『Pastel Town』は自然と体が揺れる1曲。跳ねるようなオケと牧野さんの歌声が頭の中で混ざり合うような感覚を味わえます。本当に。秋の寒空の下、この曲を聴きながら歩いたらそれはそれは楽しいでしょうね。

牧野さんが作詞を担当したTr10『secret melody』。ゆっくりとしたAメロから次第にテンポが上がっていきます。サビでは曲の始まりとは違う雰囲気を感じることと思います。曲の最後にノイズの応酬があるのでイヤホンなどで聴くと、曲のテーマである“宇宙”を感じることができますよ。

Tr12『きみの選ぶみち』は牧野さんのデビュー曲『アムリタ』の作詞・作曲を手掛けたかの香織さんによる楽曲です。やはり、サビの壮大さが凄まじいです。しかし、壮大でありながら歌詞はあまりにも優しく、心にしみます。牧野さんが語られているように聴く人それぞれが感じる“人生の選択”にフィットし、寄り添ってくれる1曲ではないでしょうか。
最後はTr13『まわる まわる』。「ずんちゃっちゃずんちゃっちゃ」というスネアにキラキラしたピアノ。パレードを感じさせます。最後は大きく転調することでキラキラ感が倍増して、なんだか幸せな気持ち。

『タビノオト』
【発売日】2015年10月7日
【価格】初回限定盤(CD+DVD) 3,300円+税
【品番】TECI-1466
Amazon詳細ページへ
 

さぁ、今週はここまで。
今回は牧野由依さんの4thアルバム『タビノオト』を取り上げました。
10年の軌跡。そしてこれからを感じさせてくれる1枚です。
それでは、来週もお楽しみに。

関連サイト