Voice-Styleは運用テスト中です

千本木彩花、本渡楓、石川由依らが登場! アニメ『ガーリッシュ ナンバー』、ハロウィントークショーレポート

千本木彩花、本渡楓、石川由依、鈴木絵理、大西沙織らが登場した、アニメ『ガーリッシュ ナンバー』のハロウィントークショーが10月30日に開催された。レポートが到着したので紹介しよう。

スポンサーリンク

10月30日に赤坂サカスSacas広場で行われたTVアニメ『ガーリッシュ ナンバー』ハロウィントークショーイベント。当日はメインキャラを演じる千本木彩花さん(烏丸千歳 役)、本渡楓さん(久我山八重 役)、石川由依さん(片倉 京 役)、鈴木絵理さん(苑生百花 役)、大西沙織さん(柴崎万葉 役)5人が登場!
来場した多くのファンの方達とハロウィントークで盛り上がったイベントの様子をレポート形式でお届けします。
1
ハロウィンイベントということで、広場にかけつけた大勢のファンの中には、仮装した人もちらほら。そんな開演前から楽しげな雰囲気の中、まずはMCを務める、主人公・烏丸千歳役の千本木彩花さん、久我山八重役の本渡 楓さんのおふたりがステージに登場。自己紹介からのコール&レスポンスでさらに会場の空気をあたため、「なにとぞお手柔らかにお願いします」(本渡)の言葉とともに最初の挨拶を終えます。
続いて、片倉 京役の石川由依さん、苑生百花役の鈴木絵理さん、柴崎万葉役の大西沙織さんも登壇。それぞれの簡単な自己紹介を経て、イベント本編がスタートしました!
2
まずは作品内容の簡単な紹介コーナー。中でも話題が広がったのが、千歳が劇中のTVアニメ「クースレ」登場キャラクターを演じた際の「棒読み」。千歳の新人声優ゆえのまだ成長途中の演技を表現するにあたり、「心を無にして『てやー!』ということだけを考えてました」(千本木)と演技の苦労した点ついて語り、会場を盛り上げました。
3

続いてはハロウィンにちなんで、キャラクターの紹介を交えつつ、それぞれが自分の演じるキャラにさせたいハロウィンのコスプレを挙げていくコーナー。
「ザ・コスプレという感じの着ぐるみ。でも、脱いだら中はビキニとか下着だった、みたいなギャップが京はほしい」(石川)
「ミカエル。天使。(百花の親の)十四光を表現した電飾のある衣装」(鈴木)
「万葉はシスターみたいな、色っぽいけど守るべきところは守ります、みたいな衣装」(大西)
「八重はマシュマロボディだから、セクシー系で、布面積を小さめにして、でも本人は涙目」(本渡)
「メイド服とか、魔女っ子とか、超王道な感じで攻めてほしい。でも黒いところは多く。千歳らしく調子に乗っている感じがほしい(笑)。ハロウィンをしている自分に酔っているみたいな」(千本木)
と、それぞれに役を掴んだ楽しい回答が続きます。

そして、次はスケッチブックを使ったお絵かきコーナー。
まずは自身のキャラクターを絵で紹介していきます。普通にちゃんと絵を描く方、特徴的な体の一部を強調して描く方と、5人それぞれの個性が光る回答にになりました。
4 5 6
続く「ハロウィンで家に飾るならどんなかぼちゃがいいですか?」というお題でも、会場からは大きな笑い声が湧き上がりました。
お絵かきコーナーの次は、キャスト陣に「声優としてスキルアップしていくために必要なこと、していること。もしくはキャラクターにさせたい試練」という質問を聞くコーナー。ここでは、千本木さんから「千歳は厳しい音響監督についてほしい。辞めそうだけど(笑)」と愛のある厳しいアドバイスが飛び出しました。
そのあとも「声優業界あるある」「声優としての練習法」など、『ガーリッシュ ナンバー』のイベントらしい、声優の仕事にスポットを当てたトークテーマが続きます。
7
このコーナーの最後に「『こんな声優になりたい』という目標、もしくはキャラになってほしい目標」という質問が飛び出すと、
「京には作画がすべてじゃないとおしえてあげたい」(石川)
「千歳はもっといろんなことを考えたらいいなと思う。大事なことを考えてほしい。足元を見てくれ、と」(千本木)
「百花はいずれ紅白に出られたらいいね。大人になってもかわいい、アイドル声優としての道をつらぬいていたらカッコいい」(鈴木)
「万葉はあきらかにとっつきにくい声優になっているから、親しみやすい声優になってほしい。私みたいな(笑)」(大西)
「初心を忘れずにずっといてほしい」(本渡)
と、それぞれに気持ちのこもった回答を語ってくれました。

イベントの最後にファンの方へそれぞれ『ガーリッシュ ナンバー』の今後の見所について
「なかなかしゃべらないし、ツンとしてるところが多いので印象薄いかもしれませんが、万葉、ここからです。ここから巻き返していくので、ぜひ最後までみてほしいと思います!」(大西)
「それぞれのキャラクターが濃くて、ひとりひとりに等身大のドラマがあるので、そこにも注目してほしいけど、作品全体もおもしろいです。フィクションとノンフィクションがうまい具合にまざっているので、そこをハラハラドキドキしながら見ていただけたらうれしいです」(鈴木)
「これからまたお話が進んでいって、どんどん五人の関係が変わっていったり、新人声優の千歳、八重、京がどうなっていくかなど、見所が詰まっているので、最後まで楽しんでください!」(石川)
「台本を読んで、アフレコをして、先々の展開を見ていると、今後もステキなシーンや、胸が痛くなるような話も(笑)たくさんあって、1クールじゃもったいないくらい、色々な面白さがぎゅうぎゅうに詰まっています。1話でも見逃したら、八重ぽん、怒るポン(笑)」(本渡)
「物語としてもこれから色々な展開が待っていますので、楽しみにしていただきたいです。現時点での千歳はヤバい子ですけど、“千歳のことは嫌いになっても『ガーリッシュ ナンバー』のことは嫌いにならないでください”と思っているので(笑)、作品の事も私たちの事も応援してもらえたらなと思っております!」(千本木)
と、ひとことずつ〆の言葉を語り、イベントは大盛況で終了しました!
8

関連サイト

スポンサーリンク