Voice-Styleは運用テスト中です

【Say! You! Song! 第14回】petit milady 3rdアルバム『CALENDAR GIRL』

みなさま、こんばんは!
ついに12月になってしまいましたね。例年通り師走に振り回されると思いますが、どうにか思い残すことなく年を越したいと思います。

さて、今回はpetit milady(プチミレディ)の3rdアルバム『CALENDAR GIRL』を取り上げます!
petit miladyは悠木碧さんと竹達彩奈さんによる声優ユニット。ユニット名はそれぞれが可愛いと思った単語を繋げたものだとか。来年の2月11日には3rdライブも決定しています。
 

◆petit milady 3rdアルバム『CALENDAR GIRL』

今回のアルバムは12曲。タイトルからも分かる通り1年を表したアルバムで、4月から始まり、3月で締めくくられる構成となっています。
まずは、4月曲。Tr1『青春は食べ物です』から。曲調は明るく、キラキラした青春を感じます。歌詞を見てみると、合いの手の如くパンの名前が出てくるのが印象深いですね。
Tr3『rainy! rainy! rainy!』は6月ということで、梅雨の曲。サビで「雨の日はダラダラしよう」と歌っているのが印象的です。ただ、気だるい感じではなく「先に進むためには休憩も必要」という内容ですね。そのため、オケは全体的に高音が目立ち、曲調も跳ねるようです。

10月曲はTr7『はろうぃんあるばいたー』。4つ打ちでノリが良く可愛らしい1曲です。ハロウィンで浮かれる街の様子と、アルバイトをしながらもそれを楽しむヒロインの様子が微笑ましいですね。シンセの様々な音が次々に登場するのもお祭り感があって楽しいです。また、随所で登場するウィンドチャイムもいい味を出しています。

Tr10『クジラの背中』はポップで疾走感のある1曲。なんと言ってもイントロのアルペジオを奏でるギターがカッコイイです。アルペジオから歪んだギターリフへの流れが最高。また、サビの最後のリズムもかなり楽しいです。ボーカルとドラムが同じリズムを刻むのでノリが出て自然とテンションが上がりますね。
Tr11『チョコレイト・ブギウギ』は今回のアルバム収録曲の中で一番可愛らしさに特化した曲かなと思います。甘い恋愛ソングではなく可愛らしい恋愛ソングというところがミソですね。アルバムを通して、各楽曲のヒロインは10代を想定しているのだろうと思っているので甘くなりきれない歌詞やポップでスネアが跳ねる曲調にも納得です。まだ恋に恋しているイメージでしょうか?

『CALENDAR GIRL』
【発売日】2016年7月27日
【価格】初回限定盤A 7,500円+税
【品番】POCE-9417
Amazon詳細ページへ
 

さぁ、今週はここまで!
今回はpetit miladyの3rdアルバム『CALENDAR GIRL』を取り上げました。
通して聴くことで1年のイベントと季節を感じることのできる1枚です。
それでは、来週もお楽しみに!

関連サイト