Voice-Styleは運用テスト中です

【Say! You! Song! 第15回】雨宮天1stアルバム『Various BLUE』

みなさま、こんばんは!
気温の下降が止まりませんね。寒い。寒すぎる。この時期は家から出ないどころか、暖房の前から動けなくなってしまいます……。

さて、今回は雨宮天さんの1stアルバム『Various BLUE』を取り上げますよ!
 

various-blue

◆雨宮天1stアルバム『Various BLUE』

まずはTr1『Absolute Blue』から。王道的なカッコよさです。ポップな曲も違和感なく歌いこなせる雨宮さんですが、個人的にはこういうタイプの曲こそ彼女の魅力を最大限に引き出してくれるのではないかと思います。激しめで歌をぶつけるようなイメージの曲ですね。
Tr3『Skyreach』は雨宮さんのソロデビュー曲です。これもカッコイイタイプの曲ですが激しいという印象は薄いですね。オケは歪んだギターが目立っていて激しいのですが、雨宮さんの歌声は意外と柔らかいです。Tr1『Absolute Blue』がぶつけるイメージだとするならこの曲は届けるイメージでしょうか。同じタイプの曲でも聴き比べてみるとアプローチが異なっていて面白いですね。

Tr5『Glitter』は日常の気だるさを感じる1曲です。やはり印象に残るのはサビ終わりの深呼吸でしょうか。マイナー調なサビの後に深呼吸の音だけが入ることで爽やかでありながら物憂げな印象も受けます。歌詞の「たぶん大丈夫……」「きっと大丈夫……」という前向きになりきれない感じが個人的にはとても好きです。
続いてはTr7『チョ・イ・ス』。ここまでとは打って変わってポップな1曲です。曲調だけでなく歌詞もひたすらに明るいですね。そして、Bメロの「だってヒロイン ドラマチックに決まってる」という歌詞はこの曲を象徴しているように思います。選択肢はたくさんあるけれど、どれを選んでもドラマチックになるという明るく前向きな想いが伺えます。

ラスト。Tr12『RAINBOW』。最後に相応しく広がりのあるサビが印象的です。初めて聴いた時にイメージしたのは「広い草原」「雨上がりの青空」「遠くに見える虹」。そこに1人立ち、歌い上げる雨宮天さんでした。夏空のような爽やかさで活力が湧いてくるような1曲ではないでしょうか。

『Various BLUE』
【発売日】2016年9月7日
【価格】初回生産限定盤(CD+BD) 3,981円+税
【品番】SMCL-436 ~ SMCL-437
Amazon詳細ページへ
 

さぁ、今週はここまで!
今回は雨宮天さんの1stアルバム『Various BLUE』を取り上げました。
1stにして雨宮さんの魅力が凝縮された1枚です。
それでは、来週もお楽しみに!

関連サイト