Voice-Styleは運用テスト中です

宮野真守、伊藤静が登壇! 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、応援上映&舞台挨拶決定

宮野真守、伊藤静が登壇する、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の舞台挨拶と、コスプレ&声援OKの応援上映が12月21日に開催されるぞ。気になるチケットは、12月14日24:00からオンラインで受付開始だ。

スポンサーリンク

解けない魔法のように世界中を魅了し続ける「ハリー・ポッター」の新シリーズで、原作者J.K.ローリングが脚本を書き下ろした『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が11月23日(水・祝)に全国966スクリーンで公開して以来、12月に入ってもその大躍進が止まらなず、異例ともいえる超ハイペースで、19日間で興行収入41億9038万900円、動員289万2812人を記録。公開3週目となった10日(土)と11日(日)の興行収入も他作品の追撃を許さず見事1位をキープし、大ヒット映画『シン・ゴジラ』を超えて2016年に公開した映画でナンバーワンとなる最速で累計興行収入40億円を突破した!
また、全世界の累計興行収入は、早くも12月12日時点で800億円の到達目前に迫る勢い(782億125万3845円 ※BOXOFFICEMOJO調べ、$680,010,903より12/12為替115円で換算)で、“ファンタビ”の快進撃が全世界で止まらない。
この度、大ヒット中の本作の応援上映の実施が決定し、さらに日本語吹き替え版声優を務めた宮野真守と伊藤静の舞台挨拶登壇も発表となった。
%e3%80%8a12%e6%9c%8814%e6%97%a5%e6%b0%b4am7%e6%99%82%e8%a7%a3%e7%a6%81%e3%80%8b%e3%80%8c%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%80%8d%e5%ae%ae%e9%87%8e%e7%9c%9f%e5%ae%88%ef%bc%86%e4%bc%8a
『ハリポタ』シリーズの原作者J.K.ローリングが、映画の脚本を書くために特別にペンを取った渾身の一作。シリーズ4作の監督、デイビッド・イェーツとのタッグとあって、映画サイトやレビューサイト、SNS上には「観終わったばかりなのにもう1回観たい。」「ファンタビあと5回くらい見たい」「ファンタビ観たい…(既に三回視聴済)」などと高い満足度を物語る投稿で賑わっている。現在、字幕版、日本語吹替版、IMAX版、3D版、4D版など様々な形式で上映されているが、12月21日(水)にファンにとってはクリスマスプレゼントとなるであろう、コスプレOK!声援OK!フラッグ・サイリウムの持ち込みOK!の「応援上映」の実施が決定した。

それだけでなく、主人公のおっちょこちょいで人見知りの魔法使いニュートを声で演じた宮野真守、新ヒロインの賢く、意志の強い魔女ティナを声で演じた伊藤静の舞台挨拶登壇も決定!
この応援上映の舞台挨拶は、12月21日(水)に新宿バルト9【17:30】の回上映後と【20:50】の回上映前の2回行われる予定。チケットは、12月14日(水)24:00(=12月15日(木)AM0:00)よりオンライン予約KINEZO EXPRESS(http://kinezo.jp/pc/event_schedule?ush=140feb4)にて発売が開始される。(劇場窓口は15日(木)劇場オープン時より販売)
宮野さんが「大スクリーンで観る「ファンタビ」は、まさにファンタスティック! 吹き替えで1度演じさせていただいているにもかかわらず、大迫力の映像に終始圧倒されて、観終わった時には放心状態でした(笑) この映画は、凄すぎる。子供も大人も夢中になれる、まさにファンタジーの最高峰! 僕は吹き替えキャストとして参加できて、心より幸せです。みなさまぜひ、映画館でご覧ください。そして、吹き替え版の応援も、よろしくお願いいたします!」とコメントを寄せる本作。

既に観た人も、まだ観ていない人も、この上映は特別なものになることは間違いない! 21日(水)は、新宿にかけられた魔法にどっぷり浸ろう!!

■監督:デイビッド・イェーツ『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品 ■原作/脚本:J.K.ローリング  ■プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ハリー・ポッター』全8作品、J.K.ローリング
■出演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、コリン・ファレル
■公式サイト:fantasticbeasts.jp■公式ハッシュタグ:#ファンタビ ■公式Facebook: www.facebook.com/fantasticbeastsjp/ ■配給:ワーナー・ブラザース映画

関連サイト

スポンサーリンク