Voice-Styleは運用テスト中です

宮野真守と伊藤静が登壇! 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、大ヒット御礼舞台挨拶レポート

12月21日、新宿バルト9にて、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の応援上映が行われた。会場ではポンポンやサイリウムが配られて、それを振り、また歓声をあげ、そして一緒に呪文を唱えながら鑑賞し、一体感を持って映画の世界に浸っていた。そして上映が終わると、ニュート・スキャマンダー役の宮野真守とティナ・ゴールドスタイン役の伊藤静が登壇して、大ヒット記念舞台挨拶が行われた。

スポンサーリンク

          
まずは司会の呼び込みから、黄色い声援の中、宮野さんと伊藤さんが登壇し、劇中の小道具やセリフで会場を盛り上げてから、興行収入50億円突破の大ヒットや応援上映に対して、「本当に嬉しいことですし、実写の映画でしかも『ファンタビ』で応援上映が行われるというのが非常にビックリしました。でも皆さんが応援してくれているからだと思います。こういうイベントができることや『ファンタビ』の盛り上がりは、本当にすごいなと思います。参加できてうれしいです」(宮野)、「いまこの場に立てていることもそうなんですが、こういう光景を映画館であまり見たことないので(笑)、貴重な体験をさせてもらっています。皆さんに応援していただいて、何度も見に来ていただいたことが、(応援上映に)つながっているかと思うと嬉しいです。本当にありがとうございます」(伊藤)と挨拶した。

続いて、お気に入りの魔法を聞かれて、「お気に入りとは違うのですけど、ニフラーを捕まえに行くときに『石になれ』というのが難しくて。正直、何度も録り直しました」「みんなも石になってください」(宮野)といって『ペトリフィカルトタルス』と呪文を言うと、お客さんも固まったように。応援上映に来ている観客だけにノリがよく、より会場の一体感が増した気がしたところ、伊藤さんも「妹のクイニーがドアを開けるときの魔法が欲しいなと思いました」といって魔法をかけたのだが、そこは会場に来た皆さんだけのお楽しみ(ちなみに、宮野さんは「ニュートさんのエッチ」といって、笑いの渦に巻き込んでいた)。

お気に入りのシーンでは、「最初、最悪の出会いをして、ティナに怒られているのに『(髪に)なんかついてますよ』と言っちゃう、あの空気の読めなさ。でもああいったところにニュートの人間性が現れていて、そういったところからキャラクター性をひもといていったりしました」(宮野)、「いっぱいありすぎるのですが、大きくなったオカミーをみんなで捕まえるシーンが面白くて。ああいうドタバタしたシーンが好きです」(伊藤)といい、所々で役のセリフを入れるので、先ほどまで見ていたお客さんも大喜び。

またファンから募集したお気に入りのセリフを生披露することになり、宮野さんは「ほらいい子だね、ママがきたよ」「ちょっと顔を見せて」というと、会場からは黄色い歓声(いや、ほぼ悲鳴!?)があがった。ところが伊藤さんは「シーンというより、会話が多いか、あとはニュートを追い詰めているだけなので」といいつつ、ニュートと距離が縮まった屋上のシーンを挙げ、「目に見えない!」と言うと、会場からは笑いが。何度か録ったうち、本編では使われなかったギャグよりのセリフを披露したこともあってか、このあとも何度か言う度に、笑いが起きていた。

最後には、「いいですね、応援上映。皆さんが反応してくれるので楽しいです。そして皆さん、『ファンタビ』好きで、隅々まで見てくれてるなというのを感じました」(宮野)、「皆さんの『目に見えない』気持ちが伝わってきて、本当に楽しいです。しょっちゅうやりたいです」(伊藤)と挨拶して、トークショーは終了した。

このあと客席をバックにフォトセッションとなり、応援上映は終了した。終始、笑いの絶えない舞台挨拶というのが印象深かった。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』大ヒット記念公開中

■監督:デイビッド・イェーツ『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品 ■原作/脚本:J.K.ローリング  ■プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ハリー・ポッター』全8作品、J.K.ローリング
■出演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、コリン・ファレル
■公式サイト:fantasticbeasts.jp■公式ハッシュタグ:#ファンタビ ■公式Facebook: www.facebook.com/fantasticbeastsjp/ ■配給:ワーナー・ブラザース映画

関連サイト

スポンサーリンク