Voice-Styleは運用テスト中です

三宅健太、大関英里が朗読! FeBe、岩波文庫・新書をオーディオブック化、第1弾は『若きウェルテルの悩み』『読書力』

三宅健太、大関英里が朗読する岩波文庫『若きウェルテルの悩み』などを始め、新書『読書力』などがFeBeにてオーディオブック化されるぞ。

オトバンクが運営する日本最大のオーディオブック配信サービス「FeBe」は、岩波書店が刊行している岩波文庫・新書をオーディオブック化することを発表いたします。

岩波文庫・新書のオーディオブック化は、それぞれ創刊89年・78年の歴史の中で初めてのことになります。第一弾として、12月23日に岩波新書の『読書力』(齋藤 孝著)、12月25日に岩波文庫の『若きウェルテルの悩み』(ゲーテ著)を配信し、今後も毎月定期的に作品を配信していく予定です。
12月23日に配信を開始する『読書力』は、著者である齋藤孝さんが「自分が最も語りたかったこと」を書き下ろした新書作品です。「本を読むこと」の本質的な意味を根本から説いた作品を、音声でじっくりとお楽しみいただけます。
また、12月25日に配信を開始する『若きウェルテルの悩み』は、ドイツの文豪・ゲーテが25歳の時に書いた青春小説の傑作。親友のいいなずけロッテに対するウェルテルのひたむきな愛とその破局を描いた作品です。オーディオブック化にあたっては、朗読を声優・三宅健太さん、大関英里さんのお二人が務め、切ない愛の物語8時間に渡る音声作品に仕上げました。名作を声優による朗読でお聴きいただくことで、主人公ウェルテルの切なる想いを存分に感じて頂けるような作品となっています。
今後FeBeでは、『罪と罰』、『戦争と平和』、『知的生産の技術』などの岩波文庫・新書作品を定期的に配信していく予定です。オトバンクは、今後も幅広い分野の作品を質の高いオーディオブックで提供し、創業理念の一つである「聞き入る文化の創造」を実現してまいります。

◆岩波書店編集局部長 馬場公彦様のコメント
目ではなく耳で読む文庫・新書。それはどのような読書感覚でしょうか。読書空間は広がるでしょう。
満員電車のなか、お風呂のなか…。読書時間も増えるでしょう。
炊事や手作業をしながら、運転しながら…。
岩波書店はこれからも愛読されてきた作品を提供してまいります。
新しいスタイルの読書体験がより豊かなものになることを願って。

◆オトバンク創業者・上田渉のコメント
今回、長く愛され続けている岩波新書・文庫のオーディオブックとしてお届けできることになり、大変嬉しく思っております。
まだ原作を読んだことが無いという方は、オーディオブックでぜひ聴いていただければと思いますし、既に原作を読んだ方もまた違った味わいで作品を楽しんでいただけるかと思います。
名作を音でもお楽しみください。

◆商品情報

作品名:『読書力』
価格:1,296円
配信日:12月23日
著者:齋藤孝
配信URL:https://www.febe.jp/product/235738
※ページは、配信開始後の公開となっております。


作品名:『若きウェルテルの悩み』
価格:1,296円
配信日:12月25日
著者:ゲーテ著、竹山 道雄 翻訳
配信URL:https://www.febe.jp/documents/werther/index.html
※ページは、配信開始後の公開となっております。

オーディオブック『若きウェルテルの悩み』ご出演者様のコメント
◆三宅健太さん
今回、「若きウェルテルの悩み」全編朗読という事だったのですが、正直、かなり大変でした。純文学という文章そのものに芸術性がある作品を、いかに音声化していくのか、かなり悩みました。
しかしながら、読み解いて行くと、現代の若者が抱く、心の葛藤にとても近いというか、決して「ウェルテル」の思考は、我々現代人と遠い物ではなく、むしろ誰もが思う事であると分かった時、とにかく、一人間としてストレートに表現していこうと思える様になり、今回の朗読の形となりました。
もちろん、僕の表現や読解は、正解ではありません。もし、お聞きになられた際には、今度はご自身で本をお取りになり、改めてこの「ウェルテル」の世界に触れてみて下さい。必ず、新しい発見に出会えると思います。僕自身、三宅健太にとっても、すごく貴重な体験でした。
(プロフィール)沖縄県出身、8月23日生まれ 主な出演作は「フーディーニ&ドイル」ドイル役、「マイティ・ソー」ソー・オーディンソン役、「ズートピア」ボゴ署長役、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」モハメド・アヴドゥル役、「アルスラーン戦記」クバード役など。

◆大関英里さん
この「若きウェルテルの悩み」には、幸せな感情から醜い感情まで、人間の様々な感情が描かれています。
今回この作品に初めて触れて、演じさせていただいて、どうしたら朗読でこの世界感を伝えられるだろうか。どうしたら伝わるだろうかと、私自身も読み進める中で悩みながら、彼女たちの人生を演じさせていただきました。
この作品を知る方にも、まだ触れたことのない方にも楽しんでいただけたら幸いです。
(プロフィール)神奈川県出身、8月18日生まれ 主な出演作は「アイドルマスター ミリオンライブ!」佐竹美奈子役、「Shadowverse(シャドウバース)」ベルエンジェル役、「PEANUTS スヌーピー –ショートアニメ-」ルーシー役、「牙狼-炎の刻印-」アンナ・ルイス役、「GOTHAM/ゴッサム シーズン2」ブリジット・パイク役など。

今後の岩波新書・文庫オーディオブック配信の予定
【文庫】
◆12月25日配信
『若きウェルテルの悩み』(ゲーテ著、竹山 道雄 翻訳)
今後以下作品も予定
◆『罪と罰(上・中・下)』(ドストエフスキー著、江川 卓 翻訳)
◆『戦争と平和(全6巻)』(トルストイ著、藤沼 貴 翻訳)

【新書】
◆12月23日配信
『読書力』(齋藤 孝著)
◆2017年1月配信
『日本語練習帳』(大野 晋著)
◆2017年2月配信
『知的生産の技術』(梅棹 忠夫著)
『生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後』(小熊 英二著)
◆2017年3月配信
『コミュニケーション力』(齋藤 孝著)
『格差社会―何が問題なのか』(橘木 俊詔著)
『社会的共通資本』(宇沢 弘文著)

そのほか随時配信予定。

関連サイト