Voice-Styleは運用テスト中です

【Say! You! Song! 第19回】山崎エリイ1stアルバム『全部、君のせいだ。』

みなさま、こんばんは!
年が明け、今期のアニメも続々とスタートしています。録画の予約は万全ですか?

スポンサーリンク

さて、今回は山崎エリイさんの1stアルバム『全部、君のせいだ。』を取り上げます!
ソロ以外では、同じ事務所の木戸衣吹さんとのユニット「every♥ing!」としても活動しており、1月18日には待望の1stアルバムが発売されます。
 

◆山崎エリイ1stアルバム『全部、君のせいだ。』

山崎さんが好きな80年代風の音楽をベースに構成された今回のデビューアルバム。まずは、Tr1『全部キミのせいだ』。楽曲はアップテンポですが明るすぎないという不思議なテイストに仕上がっています。歌詞を見てみると「キミのせいで毎日が楽しい」という非常にポジティブなもの。細かく色々な音が聴こえてきて曲だけでも楽しさが伝わってきます。ちなみに、アルバムタイトルはこの曲から取られており、「最初に貰った曲で、タイトルが印象的だった」という理由で決定したそうです。
続いて、Tr3『Lunatic Romance』。まさに80年代歌謡曲という印象です。ギターのリバーブのかけ方や歪ませ方からして、なんだか懐かしい感じ。歌声は1曲目とは違いクールで大人の女性を感じさせます。

Tr6『ドーナツガール』はふんわりとした柔らかい楽曲。冒頭のシンセの音がおもしろくてかなり印象に残ります。Bメロの高音シンセもキラキラしていて素敵です。また、全体を通してコーラスがとても美しいです。柔らかいながらも主旋律に負けず、楽曲を盛り上げてくれます。
続くTr7『Zi-Gu-Za-Gu Emotions」はまさかのEDM。山崎さんの「EDMサウンドが好き」という発言がきっかけで制作された楽曲だそうです。可愛らしさを残しつつも低音がしっかりと鳴っていて、また違った「山崎エリイ」を見せてくれます。クラブで流れても全く違和感がないのではないでしょうか?

ラストはTr11『星の数じゃたりない』。アルバムをロックで締めます。やはりロックでも可愛らしさはちゃんと残っていて、ガールズバンドのボーカルとして歌う山崎さんがイメージできます。歌い方が若干巻き舌風なのですが、それもバンドっぽさを感じる一因なのかもしれませんね。

『全部、君のせいだ。』
【発売日】2016年11月16日
【価格】初回限定盤(CD+DVD) 3,800円+税
【品番】COZX-1254-5
Amazon詳細ページへ
 

さぁ、今週はここまで!
今回は山崎エリイさんの1stアルバム『全部、君のせいだ。』を取り上げました!
たくさんの可能性が詰まった1枚です。
それでは、来週もお楽しみに!

関連サイト

スポンサーリンク