Voice-Styleは運用テスト中です

【Say! You! Song! 第22回】松井恵理子1stアルバム『にじようび。』

みなさん、こんばんは!
2月です! 年が明けたばかりだと思っていたのに、もう1ヵ月過ぎてしまいました。恐ろしい……。

さて、今回は松井恵理子さんの1stアルバム『にじようび。』を取り上げます!
今回のアルバムでアーティストデビューしたばかりの松井さんですが、3月18日には『松井恵理子・バースデイ・ファースト・ライブ「Rainbow Days」』の開催が決定しています。会場は原宿ASTRO HALL。本日からプレリク先行の受付が開始されます。
 

◆松井恵理子1stアルバム『にじようび。』

松井さんにとって特別な存在である「虹」と「にちようび」に肩ひじ張らずに聴いてほしいという想いが掛け合わされたデビューアルバム『にじようび。』。
まずはTr1「ワスレモノ」から。1曲目でいきなりアーティスト「松井恵理子」を感じさせられます。低いキー。ビブラート。アップテンポながらシリアスな曲調。どれもキャラクターとして歌う時とは違う魅力ですね。
続いて可愛らしくポップな曲調が印象的なTr2「G.I.R.L」。ストリングスやシンバル類のキラキラ感と前向きな歌詞がぴったり合わさって、聴くだけで心が躍ります。

Tr6「ココニアルモノ」は静かな熱さを感じる1曲です。マイナー調のバンドサウンドが松井さんの歌声にマッチしていますね。個人的には青く静かな炎のイメージでした。ちなみに、松井さんは青い海や青い背景をイメージしたそうです。
Tr8「じゃんだらりん」には松井さんの郷土愛が詰まっています。タイトルの「じゃんだらりん」は松井さんの出身地である愛知県三河地方でよく使われる方言「~じゃん」「~だら」「~りん」をまとめた言葉です。テンポは速めでギターも目立つ曲ですが、雰囲気はほんわかしているので個人的にはライブのアンコールで聴きたい1曲。

Tr10「ユメキセツ」。作詞を松井さんが担当しています。出来上がった曲を聴きながら歌詞を書いたとのことで、メルヘンで楽し気な曲にぴったりの歌詞になっています。また、裏テーマとして「ワンクールのアニメが終わる悲しさ」も歌詞に込めてみたそう。生粋のアニメ好きである松井さんならではのアプローチですね。
最後はTr12「声」。1曲通してピアノ伴奏のみで歌っているのが非常に印象的で、グッと惹きつけられます。この曲も作詞は松井さん。声優という仕事に対する気持ちを歌詞に込めたとのことで、この曲はまさに松井恵理子さんの「声」といえるでしょう。

『にじようび。』
【発売日】2017年1月25日
【価格】初回限定盤(CD+Blu-ray) 4,500円+税
【品番】TKCA-74466
Amazon詳細ページへ
 

さぁ、今週はここまで!
今回は松井恵理子さんの1stアルバム『にじようび。』を取り上げました。
たくさんの新しい魅力に気づかせてくれる1枚です。
それでは、来週もお楽しみに!

関連サイト