Voice-Styleは運用テスト中です

劇場版公開決定で盛り上がりは絶好調! 斎藤壮馬・羽多野渉らメインキャストが熱唱の『Dance with Devils』スペシャルコンサート

1月29日(日)に神奈川県民ホールで開催された『Dance with Devils スペシャルコンサート「ダブルカーテンコール」』。メインキャストである斉藤壮馬さん(鉤貫レム役)、羽多野渉さん(立華リンド役)、近藤隆さん(楚神ウリエ役)、木村昴さん(南那城メィジ役)、平川大輔さん(棗坂シキ役)、鈴木裕斗さん(ジェキ役)が登場し全15曲を熱唱しました。

スポンサーリンク


すでにご存知の方も多いと思いますが、当日は劇場版『Dance with Devils -Fortuna-』がこの秋に公開されると発表されるなどサプライズも盛りだくさん。昼公演、夜公演と2公演開催されたコンサートですがここでは、その昼公演の様子をレポートします!


『Dance with Devils』(以下ダンデビ)は過去3回大きなイベントを開催しており、今回のコンサートは4回目。毎回、歌を中心に展開されるため本格コンサートとして人気が高く、今回も全15曲もの楽曲が存分に披露されました。

オープニングはもちろん『マドモ★アゼル』。一つ目のサプライズとして、鈴木さんが楽曲途中から参加するというスペシャル編成に会場のボルテージは急上昇です。
オープニングトークで「やっと参加することができました」と笑顔を見せた鈴木さん。「あんたたち、楽しむ準備はできてるんでしょうね」と会場を盛り上げる鈴木さんに影響されたのか、なぜかほかのキャストまでジェキの口調に……。「ちょっと男子~!」とふざける羽多野さんに来場者だけでなく「いるいる!」とメンバー全員が笑うという楽しい場面も見ることができました。

また、アニメ放送前からイベントが開催されていたことに触れた斉藤さんは「昔は『マドモ★アゼル』って言ってもポカーンとされていたのに、今日はみんなが歌ってくれた」と作品や楽曲が長く愛されていることの喜びを噛み締めているようでした。


コンサートの進行を務めるモノローグにも嬉しいサプライズが隠されていました。鈴木達央さんの声が会場内に響き渡り、ローエンの姿が映し出されます。この日のために録りおろされたモノローグのあとは、それぞれのキャストが歌で会場を魅了します。

        
青色のペンライトの光の中で斉藤さんが『我が名はレム・アーロンド』を歌い上げると、次は近藤さんがバラを片手に「存分に愛してあげるからね」と『誘惑♥amor』を披露。歓声と共に会場のペンライトも一気にピンク色に変わります。

        
続いて登場したのは羽多野さん。『君だけの守護騎士(エクソシスト)』の間奏で飛び出した「この思い、受け取ってくれ、妹よ!」というセリフが、すっかり妹の立華リツカになった気分を味あわせてくれるみたい。

突き抜けるような力強い歌声で盛り上げるのは木村さんによる『VANQUISH』。会場の熱量がまた一つ上がるような印象でした。

        
「一緒にゾクゾクしようよ」という平川さんによる『憐憫 揺籃歌』にゾクゾクさせられたあとは、鈴木さんによる『Xデー』です。これはダンデビのミュージカルのためにかElements Gardenが書き下ろした楽曲。アニメのイベントに逆輸入ということでファンには嬉しいサプライズですね。

■朗読劇を挟んで後半戦もヒートアップ

キャストがそれぞれソロ曲を披露した後は朗読劇「混乱と迷走のジェンカ#」がスタート。今回のイベントのためにシリーズ構成の金春智子さんが描き下ろした朗読劇です。アニメ本編では見ることのできないドタバタ劇に笑い声が起こっていました。


朗読劇の中では仲の良かったキャラクターたちですが、本編では時には決闘をすることも……。ここからはデュエット曲が続きます。


斉藤さんと羽多野さんによる『KETTO~譲れない、せめぎ愛~』、木村さんと平川さんによる『XX in the dark』、羽多野さんと鈴木さんによる『My Little Ruby Bird』、そして斉藤さんと近藤さんによる『焦燥のトライアングル』。アニメ映像とリンクした振りも披露されどこか緊迫感のあるステージです。


本編最後は『BL(U)CK BASIS』。PENTACLE★の5人だけでなく、2コーラス目からはジェキ役の鈴木さんも参加するという今日だけのスペシャル編成でした。

■アンコールではシチュエーションCD発売と劇場版の公開決定が発表!

アンコールを呼びかけるコールに応えるように会場の照明が落ちると、スクリーンに映し出されたのはシチュエーションCD第2弾『Dance with Devils –Charming Book-』の発売決定の告知でした。この日解禁の新情報に悲鳴にも似た歓声が上がります。

その興奮をさらに盛り上げるように「最後まで楽しんで行こうぜ!」とステージに登場した羽多野さんは『覚醒のAir』を歌います。「一緒に歌って!」という呼びかけに会場全体がひとつにまとまるようでした。

羽多野さんが盛り上げたステージをより熱くさせるのは斉藤さん、近藤さん、木村さん、平川さんによる『革命前夜』。曲に合わせて振られるペンライトで会場が光の海になったようでした。

そして、忘れてはいけないのがもうひとつの嬉しい告知。


劇場版『Dance with Devils -Fortuna-』が今年の秋に劇場公開決定です! なんとキャストの皆さんもまだ見ていなかったというVTRがスクリーンに登場しました。

ステージに登場した近藤さんが「応援上映とかやりたい!」と言うと羽多野さんが「avexさんやるよ!」と期待を煽ります。

さて、盛り上がったコンサートもいよいよラストに近づきます。初めて参加した鈴木さんが「(ジェキは)みんなの敵なのに暖かく受け入れてくれて嬉しい」と話すと、平川さんは「(キャストのみんなは)大好きな仲間」と応え「劇場版もゾクゾクしながら待ってて」と言います。

木村さんもダンデビの広がっていく展開を自分自身も楽しみにしていると話し来場者に向けて「オレ様のものになればいいだろう!」とメィジのセリフを披露。その声にキャストたちが「なるー!」と木村さんにハグをするなど最後まで仲の良い姿を見ることができました。

秋の公開に向けてこれから収録するという劇場版に「僕も楽しみにしています」と話すのは近藤さん。羽多野さんはこの日のコンサートを振り返ると「こんなにたくさんの楽曲を歌っていたとは」満足そうに話し「劇場版では暴れまくりたい!」と意気込んでいました。最後に斉藤さんが「ダンデビはみんなに愛されていると実感している」と全員の気持ちを代弁していました。

「PENTACLE★とジェキで」とステージが呼びかけると観客が「マドモ★アゼル」と応え最後の曲『マドモ★アゼル』が始まります。「練習なしでもいけるよね?」と言われたように観客との息はぴったり。

色とりどりのテープも飛び出し、大きな拍手でコンサートは終了しました。今年も勢いの止まらないダンデビに注目です!(文/西岡舞子)


1月29日(日)昼会セットリスト
01.マドモ★アゼル

オープニングトーク
ローエンモノローグ

02.我が名はレム・アーロンド
03.誘惑♥amor
04.君だけの守護騎士
05.VANQUISH
06.憐憫 揺籃歌
07.Xデー

朗読劇『混乱と迷走のジェンカ#』
ローエンモノローグ2

08.KETTO~譲れない、せめぎ愛~
09.XX in the dark
10.My Little Ruby Bird
11.焦燥のトライアングル

ローエンモノローグ3

12.BL(U)CK BASIS

EN1.覚醒のAir
EN2.革命前夜

ローエンモノローグ4
エンディングトーク

EN3.マドモ★アゼル

1月29日(日)神奈川県民ホールにて行われた“Dance with Devils スペシャルコンサート「ダブルカーテン・コール」”にて、『Dance with Devils』(通称:ダンデビ)の新展開として、2017年秋、劇場版「Dance with Devils-Fortuna-」(読み:ダンス ウィズ デビルス フォルトゥーナ)が公開されることが発表されました。

『Dance with Devils』は女性向けコンテンツメーカー・Rejetと音楽制作ブランド・Elements Gardenが初タッグを組み、ドラマティックな愛を描いた物語で、“ミュージカルアニメ”と銘打ったTVアニメが、2015年10月~12月に放送されました。本作はキャラクターたちが作中で想いを伝えるために“歌を歌う”、というこれまでにない斬新な演出方法が取り入れられ注目を浴びました。その後2度の2.5次元ミュージカル(2016年3月、同年12月上演)、PlayStation Vita用ゲーム(2016年3月24日発売)、コミカライズ(2015年12月26日、2016年5月18日発売)など、様々なメディアミックス展開を行ってきました。

そのダンデビの新たな展開が劇場版「Dance with Devils-Fortuna-」です。“あなたともう1つの愛を歌うミュージカルアニメ”と謳う本作は、2017年秋、劇場公開されます。TVアニメから引き続き、豪華スタッフが集結。原案に岩崎大介(Rejet)、監督に吉村 愛、脚本に金春智子、そして音楽プロデューサーに藤田淳平(Elements Garden)を迎え、アニメーション制作はブレインズ・ベースが行います。
吉村 愛監督は「皆様の愛情のおかげで、ダンデビの夢をひとつ叶えさせていただける形になりました。劇場という媒体でまた一味違うダンデビを、二味違うミュージカルを楽しんでもらえるように頑張ります。」とコメント。新たな“ミュージカルアニメ”に、期待が高まります。

発表になったティザービジュアルには、舞い散るコスモスの花の中、抜けるような青空の街角にたたずむ、主人公・立華リツカの姿が描かれています。明るい表情で遠くに目を向けるリツカの姿は、新たな物語の始まりを予感させます。
運命の女神の意味を持つ“Fortuna”。リツカの運命の歯車はどのように回るのか、彼女の新たな物語にご期待下さい。

イベントでは、「Dance with Devils」オフィシャルサポーターズクラブ“四皇學園広報部”が4月に発足することも発表されました。本クラブは、ダンデビファンに、いち早く最新情報をお届けし、ファンと一緒にダンデビ、そして劇場版を盛り上げていくことを目的に結成されます。現在事前登録を受付けています。

さらに、シチュエーションCD第2弾「Dance with Devils -Charming Book-」(発売:Rejet)が2017年4月より連続リリースされることが発表されるなど、2017年もダンデビの勢いはとまりません。

あなたともう1つの愛を歌うミュージカルアニメ「Dance with Devils-Fortuna-」2017年秋、劇場公開決定!
“選べる道が一つじゃなくても、今この道を選びたい”

■スタッフ
原案:岩崎大介(Rejet)
原作:グリモワール編纂室
監督:吉村 愛
脚本:金春智子
キャラクター原案:前田浩孝(Rejet)
キャラクターデザイン:高品有桂
音楽プロデューサー:藤田淳平
音楽:Elements Garden
音楽制作:DIVEIIentertainment
アニメーション制作:ブレインズ・ベース

■キャスト
立華リツカ:茜屋日海夏
鉤貫レム:斉藤壮馬
立華リンド:羽多野 渉
楚神ウリエ:近藤 隆
南那城メィジ:木村 昴
棗坂シキ:平川大輔
ローエン:鈴木達央
葛葉アズナ:松田利冴
ジェキ:鈴木裕斗 他

★吉村愛監督コメント全文★
皆様の愛情のおかげで、ダンデビの夢をひとつ叶えさせていただける形になりました。
本当にありがとうございます。劇場という媒体でまた一味違うダンデビを、二味違うミュージカルを楽しんでもらえるように頑張ります。
悪魔やヴァンパイア、そしてリツカの『劇場版ダンデビ』を見届けてやってください。
そして、皆さん!! また一緒にお酒を飲みながら楽しみましょう!!

「Dance with Devils」オフィシャルサポーターズクラブ“四皇學園広報部“4月OPEN!
 事前登録受付中。http://dwd-sc.com/

【劇場版「Dance with Devils-Fortuna-」2017年秋、劇場公開決定】
公式サイト:http://dwd-movie.com/ 公式Twitter:@DwD_info

関連サイト

スポンサーリンク