Voice-Styleは運用テスト中です

宮野真守の繰り返したい一日は? 『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』公開記念舞台挨拶レポート

2月4日、東京・TOHOシネマズ日劇にて、宮野真守が登壇して『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』の公開記念舞台挨拶が行われた。

スポンサーリンク


MCの呼び込みで宮野真守が登場すると、会場からは割れんばかりの拍手と黄色い歓声があがった。舞台上から、会場を見渡して「ちょっとビックリしました。こんなに広い会場に、たくさんの皆さまに来ていただけてとても嬉しいです」と挨拶をした。そして意外なことに、「舞台挨拶に一人で立ったことは、もしかしたら無いかもしれない」とのことだったが、「一人なのでたっぷりお話しできればいいなと思っています」と、ファンには嬉しい一言が。
作品を見た感想を聞かれて、「ティム・バートン監督の世界観は、日本人は好だと思うのですが、僕もティム・バートン監督の作品は見たことありましたし、吹き替えも金曜ロードショー版『チャーリーとチョコレート工場』のウィリー・ウォンカ役をやらせていただいたりしましたが、ティム・バートン監督の作りだす不思議な世界観というのは、心が引き込まれるような、説明できないような魅力があるんですよね。(作品の)奇妙な世界観って、(現実には)あり得ないじゃないですか。けれども美しいので見入ってしまうし、『あったらいいな』と思わせてくれるので、まさに芸術的だなと思いました。今回は、原作の奥深さだったり、子どもたちがけなげでかわいいというのが魅力になっていて、応援したくなります。いろいろな要素が詰まっている作品だと思います」と語った。

お気に入りのキャラクターとして、「エマかな。かわいいなって(思って)。それにジェイクとくっつくか、くっつかないかの純粋な感じは見ていてきゅんきゅんしちゃいますし。(エマの)空気を扱う能力、ふわふわした感じは、世界観の中でも象徴的で、奇妙な子どもたちを美しく描いている存在だと思います」と挙げていた。

また自身の奇妙な特技はという質問には、「なんでも、牛乳で食べられます(笑) お寿司も牛乳と一緒に食べられます」というと、会場からは「え~」という声が。それでも何人かは食べたことはあると手を挙げていたが、やはり少数派だった。
次いで自宅にある奇妙な物を聞かれると、少し考えて、「いろんな種類のプロテインがある(笑) 寝る時用とか…。普通に飲む用が2種類あって、寝る前用とか、疲れた時用のサプリメントとか。あと、先日手に入れた『魔法の杖』とか(笑)」と、先日行われた舞台挨拶のこともちらっと語ると、会場は大いに盛り上がっていた。

そして映画のストーリーにかけて、今までの人生で同じ一日を繰り返し生きるとしたらいつがいいですかという質問には、悩んだあげく、「10代の頃もいいかなと思ったのですが、実は音楽活動もやっているのですが(笑)、ライブが終盤に近づくとありがたいことにお客さんから『最初から~』って声があがるんですよ。ライブをタイムループでやっていたら、(お客さんは)ずっとライブを見ていられて、ずっと楽しいじゃないですか」とファンには嬉しい答えとなった。

最後に、「ティム・バートン監督の世界観、とても美しく、そして絶妙に奇妙な世界観は大好きで、きっと皆さんにも楽しんでいただけたと思います。ちょっと怖かったり、どきっとする中で、暖かい大切なものを残してくれる、そんな作品だと思います。『自分の持っている個性を大事にしよう』と思える作品ですし、それに『勇気をもって生きていけば、自分の全てはなんて美しいんだ』と気づかされる作品です。たくさんの方に見ていただきたいですし、この作品を存分に楽しんでいただけたらいいなと思います。よろしくお願いいたします」と挨拶をして、イベントは終了した。

映画を見たあとに、サービス精神旺盛な宮野真守のトークも相まって、大変盛り上がった舞台挨拶だった。

『アリス・イン・ワンダーランド』、『チャーリーとチョコレート工場』など、常に世界中を魅了し、ハリウッドで最もイマジネーション豊かなヒットメーカーと呼ばれるティム・バートン監督の待望の新作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』が2017年2月3日(金)に公開となる。日本に先駆けて9月30日(金)に公開された全米で、初登場1位を獲得し、全世界でも大ヒットを記録。ティム・バートン監督作品として、初登場1位を獲得した7作目の作品となった。

周囲になじめない孤独な少年が、自身に宿った、ある“力”に気づいていくジェイク。さらには「エマとジェイクに関しては、ティーンエイジャー同士の恋なの。彼女は失恋を経験し、何年も経てやっと乗り越えたと思った時に、ジェイクが現れ、世界を救える別の人にまた恋をしてしまうの」とエマを演じたエラ・パーネルが言うように、宮野さんは恋愛シーンも声で演じることになる。

ティム・バートン監督が新たに描く、独創的かつミステリアスなファンタジーワールドは、人と“ちょっと違う”ことはステキなことで、「どんなに奇妙でも、ありのままの自分でいること」を肯定し、勇気付けてくれるユニークで暖かな世界観に溢れた素敵な世界。奇妙なこどもたちが、その個性をワン・アンド・オンリーの輝きに変える姿に、誰もが特別な愛おしさを覚えずにはいられない!

◇監督:ティム・バートン
◇出演:エヴァ・グリーン、エイサ・バターフィールド、サミュエル・L.ジャクソン、エラ・パーネル、ジュディ・デンチ、テレンス・スタンプ
◇公開:2017年2月3日(金)全国ロードショー
◇配給:20世紀フォックス映画
◇公式Facebook:www.facebook.com/20thFOXjp/
◇ハッシュタグ:♯キミョかわいい

関連サイト

スポンサーリンク