Voice-Styleは運用テスト中です

関智一によるナレーション! 劇場版『アサシン クリード』、プロモーション映像解禁

関智一がナレーションを努める、劇場版『アサシン クリード』のプロモーション映像が解禁されたぞ。

遺伝子操作によって、アサシンとして活躍した祖先の記憶を呼び覚まされた男が、歴史に隠された真実に挑むミステリー・アクション『アサシン クリード』が3月3日(金)に公開となる。


全世界でシリーズ累計9600万本以上を売り上げた世界的に有名なゲームと世界観は共有しているものの、主人公などキャラクターは異なり、新しいストーリーで描く実写作品だ。
この度、ゲーム「アサシン クリード II」「アサシン クリード ブラザーフッド」「アサシン クリード リベレーション」の主人公で”最強のアサシン”と讃えられているエツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェの声優を務めた関智一さんが、ナレーションを担当したプロモーション映像が解禁となった。

記憶をなくした死刑囚、カラム・リンチは、遺伝子操作(アニムス)によってDNAに眠る記憶を呼び覚まされ、祖先の記憶を追体験させられることになる。カラムは自分の祖先が、ルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団に属する、驚異的な身体能力を持つ“伝説のアサシン”であったことを知る。また彼の祖先アギラールは、禁じられた秘宝“エデンの果実”のありかを知る、歴史上最後の人物でもあった。現在と過去を行き来して、歴史の裏に隠された多くの謎と格闘しながら、祖先の持つアサシンとしての能力を手にしていくカラム。“エデンの果実”の秘密を求める彼は、自分の遺伝子の中に隠された、人類の未来を変える<禁断の秘密>を知ることになる・・・。

到着した映像は、主人公カラムを説明する「アサシン編」と「エデンの果実編」の2種類。「アサシン編」では、カラムとは一体何者なのか?を、「エデンの果実編」では、本作の鍵を握るエデンの果実とは?エデンの果実とカラムの関係とは?を説明。関さんが、声優を担当したゲームのエツィオ三部作は15世紀のルネサンス期イタリアから始まり、本作のアギラールが生きた時代と時を同じくしている。「関智一さんのエツィオほんと好き」、「関智一といえばアサシン クリードのエツィオの演じ分けも凄いゾ」と発売から時が経った今でも、SNSを中心に盛り上がっている。そんな関さんが、到着した映像でナレーションを務め、「『アサシン クリード II』で主人公のエツィオを演じさせて頂いてから、すっかりファンになりました。ゲーム中の壮大な世界観と、華麗なアクション、歴史的背景を踏まえたストーリー展開、それら魅力がどの様に映画化されているのか、予告編を観ただけでもそのクオリティに期待が高まります。間違いなく、僕も公開を楽しみにしている1人です!」とコメントを寄せた。

監督は「映画に登場する誰もが皆、新しいキャラクターだ。その中でゲームに登場する人は一人もいない。ゲームのスピリット、アイデアを中心とし、そこから過去の先祖の記憶を通して、自分が誰なのかを知る男の興味深いオリジナルストーリーを作っていった」とゲームのスピリットは大切にしつつも、新たなストーリーであることを強調する。カラムとアギラールを演じ、プロデューサーも兼任したマイケル・ファスベンダーもまた「このストーリーは映画のために作られたもので、ゲーム版には出てこない舞台で、キャラクターもみんな新しく作られたものだから、何にも知らなくても楽しむことができる」とアピールする。

ゲームと世界観を共有しつつも、新たな登場人物や設定で語られる物語。ゲームファンはもちろんだが、監督やファスベンダーも語るように全くゲームを知らない人も魅了されることは間違いない。そんな本作の公開を記念し、PS4版『アサシン クリード4 ブラックフラッグ』と『アサシン クリード ユニティ』を対象期間中、PS Storeでは、通常価格3,670円(税込)のところ1,496円(税込)で販売。PS Plusはそれぞれ100円(税込)にて購入できる映画『アサシン クリード』公開記念セール開催中だ。ゲームでも映画でも『アサシン クリード』の世界に浸ることができるスペシャルな期間だ。

◇監督:ジャスティン・カーゼル ◇出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズ
配給:20世紀フォックス映画
■公式サイト/アサシン クリード 映画 で検索