Voice-Styleは運用テスト中です

逢坂良太、水島大宙、森嶋秀太、日笠陽子、濱村敏郎監督が登壇! 『青鬼 THE ANIMATION』舞台挨拶レポート

2月11日、東京・新宿のTOHO シネマズ 新宿にて、逢坂良太、水島大宙、森嶋秀太、日笠陽子らキャストのほか、濱村敏郎監督が登壇した、上映版『青鬼 THE ANIMATION』の公開初日舞台挨拶が行われた。

スポンサーリンク


劇場公開日を迎えて、濱村監督は「無事にここまでこぎつけてよかった。上映版については全く新しい『青鬼』ということで制作しました」と答えてから、アフレコ時に3Dモデリングが間に合わなかったことなど裏話を語った。
続いてキャスト陣へキャラクターを演じたときに意識した点を聞いたところ、日笠さんが「(青鬼には)今回の上映版が初めて関わらせていただいて、どんなキャラクターになるのか知らなかったので、監督さんや音響監督さんと相談して『優しすぎない感じ』と言われて。実際に声を聞いてみたら、『私の声は可愛いな』と(笑)。『根が可愛いんだな』と反省しました(笑)」と答えたところ、ほかのキャストから冷ややかなツッコミが。
そして収録のエピソードトークが繰り広げられたが、「何かが出る、という噂のあるスタジオでね」(日笠)、「みんな体験してるみたいで。僕も一回体験しました。何か音が聞こえるとか」(逢坂)とホラー作品にふさわしい(?)トークとなった。

続いては、キャストのサイン入りクリアファイルと全員のサイン入りポスターをかけて、じゃんけん大会が行われた。その後、上映版来場者特典やチケット半券キャンペーン、テレビ版「あおおに~じ・あにめーしょん~」のDVDリリースの情報などが披露された。

最後に、「(上映版『青鬼 THE ANIMATION』は)原作ファンにも納得できるものになっていると思います。一回見ていただいたあとでも、何度でも見返していただけたらなと思いますので、これからも『青鬼』の応援よろしくお願いします」(日笠)、「僕自身、『RPGツクール』が大好きで、『青鬼』が『RPGツクール』で作られているのを知ったときは衝撃を受けました。それが、上映版として皆さまの前に『青鬼』をお届けできて、その中の役をやらせていただけることは非常に光栄です。皆さまが何度も見ていただければ、また違った『青鬼』をやることもできると思います」(森嶋)、「『青鬼』はいろいろなことができるというか、青鬼のビジュアルが不思議でシュールというか、面白くも描けるし、怖くも描けるので、もっと皆さんに知ってもらいたいので、また劇場に足を運んでいただければと思います」(水島)、「ホラー作品に出演するのが初めてだったので悩んだりもしたのですが、(青鬼は)普通の学校の中に違うテイストが入り込むストーリーだったので、リアルな芝居になったと思います。逆にテレビアニメ版はギャグだったので、この上映版を見たあとはDVDを見ていただいて、いろいろな青鬼に触れていただければ嬉しいなと思います」(逢坂)、「上映版は60分の中にかなり詰め混んだので、2回、3回と見ていただければ、違った見方ができていろいろ見えてくると思うので、そういう楽しみ方をしていただければなと思います。よろしくお願いします」(濱村監督)と挨拶をして、舞台挨拶は終了した。

上映版「青鬼 THE ANIMATION」
2017年2月11日(土・祝)公開

■上映劇場
TOHO シネマズ 新宿ほかにて全国ロードショー

【スタッフ】
■原作:noprops
■監督:濱村敏郎(「ケイオスドラゴン 赤竜戦役」「落第騎士の英雄譚」各3D 監督)
■脚本:我孫子武丸(「かまいたちの夜」「人形シリーズ」「速水三兄妹シリーズ」)
■キャラクター原案:坂井久太(「ひぐらしのなく頃に」「STEINS;GATE」「さんかれあ」「人類は衰退しました」)
■キャラクターデザイン:桜井正明
■美術ボード:駄菓子
■色彩設計:中央東口
■題字:雨宮慶太
■音楽:柳田しゆ
■音響制作:ダックスプロダクション
■アニメーション制作:スタジオディーン(「ひぐらしのなく頃に」「うみねこのなく頃に」「薄桜鬼」「地獄少女」)
■エンディング主題歌:志方あきこ(PC ゲーム&TV アニメ「うみねこのなく頃に」主題歌担当、NHK 大河ドラマ「花燃ゆ」主題歌・BGM 歌唱参加)
「隠れ鬼」歌唱:志方あきこ
作詞:天野 月
作曲・編曲:志方あきこ

【キャスト】
真鍋 晃司:逢坂良太
高城 淳子:喜多村英梨
村上 章一郎:水島大宙
皆月 花梨:佐倉綾音
小中 翔:森嶋秀太
立花 文彦:野島健児
波多野 美冬:日笠陽子
藤本 薫:東地宏樹

【アニメ公式HP・Twitter】
アニメ公式サイト:aooni-anime.com
公式twitter:@aooni_anime

関連サイト