Voice-Styleは運用テスト中です

【ラジオフック第1回】山梨の魅力を伝える三澤紗千香さんがついに富士登山を表明!/小野友樹さんと高木渉さんがグレートなかけあい!?

今週より「田村Rのラジオフック」の執筆を担当させていただきます、ライターの田村Rと申します。
気になるトークを毎週取り上げ、声優さん、並びに番組の魅力を伝えていけたらと思っています。
 

『三澤紗千香のラジオを聴くじゃんね!』
パーソナリティー:三澤紗千香
配信元:超!A&G+
配信日時:2月9日26:00~26:30

まず紹介するのは『三澤紗千香のラジオを聴くじゃんね!』。
山梨県出身の三澤紗千香さんがパーソナリティーを務め、タイトルの「じゃんね」も山梨県の方言からきていたり、リスナーが同県に関する疑問・質問を送るコーナーがあったりと、山梨愛を押し出している番組です。

今回は冒頭から「ちょっとした発表があります!」と予告され、2種類の発表がされました。
まずは「個人的な話」として、髪の毛を染めたことを発表。黒いロングヘアーのイメージが定着していた三澤さんが、染めるに至った経緯を丁寧に語りました。

1月開催のバースデーイベントのタイトルを「STARTING POINT」としたように、2017年にかける想いを強く持っていた三澤さん。最近特に自分の内面の変化を実感していて、外見も変えるならいまだと思ったそう。
「もっと変わりたいし、もっと変われる」と、仕事への熱い意気込みを聴かせてくれました。

そして「このラジオからの発表」として明らかになったのは、番組を挙げて富士山に登ることでした。山梨県の話をたくさんしていても、富士登山が未経験なことに心苦しさを覚えていたという三澤さん。念願ともいえる企画です。

とはいえそう簡単にできるものではない、ということで、登山の講習会を行っている「石井スポーツ登山学校」の全面協力も受けることに。今回はゲストとして学校長の天野和明さんが登場。天野さんも山梨県出身ということで早々に打ち解けていましたよ。

三澤さんからの疑問・質問に落ち着いた口調で答える天野さん。富士山に登るうえでの注意点として、「準備」の大切さを強調していました。重力に逆らって(上に向かって)歩くので、足腰の強化が大事なのだそう。
登山の実行は今夏とのことで、今後聴けるであろう近況も気になるところです。
 

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 杜王町RADIO 4 GREAT』
パーソナリティー:小野友樹
ゲスト:梶裕貴、高木渉、櫻井孝宏、小野大輔
配信元:音泉
配信日:2月10日

続いては『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 杜王町RADIO 4 GREAT』最終回をピックアップ。
タイトルどおり、昨年放送されたTVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』で主演を務めた小野友樹さんがパーソナリティー。
前回(第21回)に続き、ゲストに梶裕貴さん、高木渉さん、櫻井孝宏さん、小野大輔さんと、『ジョジョ』で共演した豪華メンバーを迎えての配信となりました。

5人いるだけあって序盤から賑やかにトークが進む中、大ベテランの高木さんだけは口数が少なめ。じつは高木さん、自身が番組のヘビーリスナーらしく、「中途半端に口を挟めない」と、4人のトークに聴き入っていた様子。
リスナーとしてメールを送ったこともある、2月19日に行われる『ジョジョ』イベントの投票企画にも応募した(出演するのに!)、など、番組愛で4人を和ませます。

そんな中最初に行われたコーナーが、梶さんの選んだ「あなたの1999年」。作品の時代設定にちなんだ同コーナーで、今回は各ゲストの1999年についても話題に。
小野大輔さんはリアルタイムで『ジョジョ』の原作を読んでおり、当時の自分に相当影響があったことを、エピソードもまじえて語っていました。
1999年について振られた高木さんは、『GTO』に出ていた時期と回答。そう、ゴールデン・タイムに“グレート・ティーチャー”な高木さんの声が全国を沸かせていたのがまさにこの年!
それを聞いた4人はさらに声色を上げ、「目の前にいる!」「一緒に仕事ができている!」と、少年のように弾んだ声で話していました。そういえば小野友樹さん演じる主人公・東方仗助の口癖は「グレート!」。これも何かの運命?
一方で櫻井さんは1999年について、「世界が滅びると思っていた」と、懐かしい予言を思い出させてくれました。1999年の話題を2017年に楽しませてくれるというのも、『ジョジョ』ならではかもしれませんね。

最終回だけあり、ゲストの方々も小野友樹さんをねぎらっていました。偉大な作品のアニメ、ラジオの中心での活躍、本当にすばらしかったと思います。
 

 
今回はこの2番組を紹介させていただきました。ラジオでの富士登山という、そうそう耳にしない企画。自身の変化を考えている三澤さんが、ラジオ界にも変化をもたらしてくれるかもしれません。

関連サイト