Voice-Styleは運用テスト中です

【あら? こんなところに声優さんが… 第11回】あら、あのローカルCMから声優さんが……!?

みなさんは街中で「あれ、この声、聞いたことがある?」と思った経験はありますか? いつも私たちを楽しませてくれる声優さんたちは、実はアニメやゲーム以外にもさまざまな場所で活躍しています。
そこでこのコラムでは、アニメやゲームを追っているだけでは情報が入りにくい、声優さんのお仕事ぶりをピックアップしていこうと思います。
今回は、限られた場所でしか見聴きできないけど、お仕事を紹介します。

スポンサーリンク

◇あの“ローカルCM”に声優さんが!
ローカルCMのナレーションといえば、たいていはその地方を中心に活躍するナレーターさんが担当しますが、ときおり僕らが良く知る声優さんが担当されていることも。文字通りその地域にいないと観られない(聴けない)はずのローカルCMですが、近ごろでは企業の公式サイトにアップされて、それがネットで話題になることも増えてきました。
そこで今回は、ネットでも観ることができる、ローカルCMでの声優さんのお仕事を紹介していきましょう。

◇豪華キャストのCMシリーズが九州に!
九州地域で、パチンコ、スロット店を展開するタイラグループのCM「ワンダーランド」シリーズは、起用する声優さんの豪華さがピカイチ。
大人気の人形劇シリーズ『サンダーバード』をパロディにしたもので、大塚明夫さん、杉田智和さん、山口勝平さん、山口由里子さん、悠木碧さんといった面々が出演しています。

「ワンダーランド」が特筆すべきは、初回の放送が5年前にも関わらず、今でも新作が作られつづける息の長いCMシリーズであること。メインの15秒、30秒CMの他にも、九州の各県ごとのバージョンが作られており、さらに公式のYouTubeチャンネルには定期的に5~10分程度のショートムービーがアップされています。並々ならぬ力の入りようです。

◇究極のインパクト! ロボットアニメ風CMのナレーションはあのダンディ声優
息長く続けるCMシリーズがある一方で、一発のインパクトを狙って声優さんを起用するCMも多くありますが、その究極は沖縄県のローカル銀行・琉球銀行のCMと言えるでしょう。
ナレーションを担当するのは速水奨さん。80~90年代のロボットアニメのオープニングをオマージュした「グレート☆リュウギーン」編で、その美声を披露しています。

勇者シリーズなどを手掛けたロボットアニメの巨匠で「オープニング職人」との異名を持つ大張正己さんがアニメーションを制作したことも驚きです。琉球銀行では、他にも「プリキュア」のパロディのようなCMも制作しており、「なんでもやってやろう」という担当者の遊び心が垣間見える作品になっています。

◇ローカルCMも「全国区」を意識したものに……?
これまで紹介したようなものの他にも、大阪ガスの上戸彩出演CMに櫻井孝宏さんが「コンロ役」でナレーションしたり、声優アイドルユニットのWake Up Girls! は、アニメ「Wake Up, Girls!」の舞台と同じ宮城(東北ローカル)で、大手スーパー・イオンのCMに顔出し出演するなど、起用のされ方にもバリエーションが増えてきました。

これまで紹介してきたローカルCMには、「放送時にネットのメディアやファンコミュニティで取り上げられ、話題になったもの」という共通点があります。ローカルCMでも、インパクトがあって話題になれば「全国区」に名前が知れ渡ります。そのために、公式サイトに動画をアップロードしたりする地方企業も増えてきました。

ネット上において「人気声優さんが起用されている」のは、取り上げられる大きなきっかけにもなるでしょう。最初に紹介した九州の人形劇CMなどは、そのような狙いを込めての起用だったのかもしれません。

チープな作りで地元色満載というのがかつてのローカルCMのお決まりでしたが、今後はインパクトを狙った声優さんが活躍できる本気&遊び心満載のものが増えていくでしょう。
ローカルCMから、いきなり聞き慣れた声が聞こえてくるかもしれません!

関連サイト