Voice-Styleは運用テスト中です

【声優見聞録 第14回】待望の大人気プラモデルがテレビアニメ化!! 『フレームアームズ・ガール』制作発表会&1話先行上映会

どうも!度がないコンタクトを付けているライターの益田です。
今回は、新橋にございます、スペースFS汐留さんのホールで、4月から放送のアニメ『フレームアームズ・ガール』の制作発表会にお邪魔させて頂きました!

フレームアームズ・ガールを御存知ない方のために一息で説明しますと、東京・立川にホビーメーカー「壽屋」(コトブキヤ)さんのオリジナルフィギュア『フレームアームズ・ガール』がシリーズ累計50万個突破の大ヒットとなり、今回、ついに! アニメ化にまで発展されたんですね。素晴らしいです!!

  

轟雷(ごうらい)役の佳穂成美さん、バーゼラルド役の長江里加さん、スティレット役の綾瀬有さんが登壇。3人の中で最も芸歴が浅い、苗字のような名前の佳穂さんは、初イベントで初仕切りにあたふたされていて、声が若干震えていましたが、でも、それが初々しくて可愛かったですね。誰も声には出していませんが、客席にいるおじさん達の「がんばれ!」という応援する空気が伝わってきました。「ほわ~ん」としてしまいそうな女の子3人の『こんばんわ~』に客席にいる関係者のおじさん達の、『こんばんわ~』は少し異様でしたが会場の雰囲気が良いまま上映会へ

  

上映会では、第1話のAパートとBパート(各12分)を上映。多摩モノレールなど、立川駅周辺で見かける外観などから始まり、立川で一人暮らしをしている女子高生“源内あお”(CV:日笠陽子)の元にフレームアームズ・ガールの“轟雷”が届くが、適当に起動してしまったことで“轟雷”の所有者になったあお。Bパートでは“バーゼラルド”や“スティレット”の登場でバトルシーンが巻き起こり、新たな展開に!! ・・・と簡単に説明をさせて頂きましたが、アニメを見て、さっきまで一人で道も歩けなさそうな雰囲気の佳穂さんが、声優としてしっかりと“轟雷”を演じていることに驚き。(出来て当然なんですが…)上映会前の、あのおどおどした感じは作戦か? と疑ってしまうぐらいギャップの違いに戸惑いが隠せないので隠しません。

上映後は、杉山Pに川口敬一郎監督、シリーズ構成の赤尾でこさんらが制作風景について語っていました。監督が立川で有名な本屋さんで構想を練られたようで立川に詳しくなったもようです。私もIKEAとプールがあることしか知らなかったので、このアニメを機にもう少し詳しくなってみようと思います。

  

マテリア姉妹役の山崎エリイさん、迅雷(じんらい)役の樺山ミナミさん、アーキテクト役のさんと人気声優さんが続々と勢揃い! さらにフレズヴェルク役が阿部里果さんに決定したことでサプライズゲストとして登場!

各々、キャラについて語っていまして、特に気になった箇所を抜粋しますと、山崎さんが演じるマテリア姉妹は、初めの頃、感情を出して二役を演じているとスタッフさんに『そこまでに変えなくていい』と言われ、雰囲気で違いを出すという至難の技に挑戦!! しかし、しかしですよ! 雰囲気で違いを出すって相~当難しいと思いますよ!! 世界で議論になった問題「6÷2(1+2)」よりも難問ですよ! でも、与えられた試練に答える山崎さん。頑張ってください! わたしたちは山崎エリイさんを応援します!!(ちなみに、この数学問題については検索してみて下さいね)

いつものように脱線をしましたが、TVアニメ『フレームアームズ・ガール』は、フィギュア・プラモデル好きには堪らない作品に仕上がっておりますので、4月からの放送をお楽しみに!!では、また来週。

『フレームアームズ・ガール』制作発表会・1 話先行上映会
開催日:2017年3月9日(木)
登壇ゲスト:佳穂成美(轟雷役)、長江里加(バーゼラルド役)、綾瀬有(スティレット役)、山崎エリイ(マテリア姉妹役)、樺山ミナミ(迅雷役)、山村響(アーキテクト役)、阿部里果(フレズヴェルク役)
場所:スペースFS汐留

関連サイト