Voice-Styleは運用テスト中です

山下大輝、逢坂良太らが出演! 『TRICKSTER』最終回、アフレコ後キャストコメント到着

山下大輝、逢坂良太、小野大輔、梅原裕一郎らが出演する、『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』。いよいよ最終回を迎えるが、そのアフレコ後のキャストコメントが到着したので紹介しよう。

スポンサーリンク

この度、10月3日(月)よりTOKYO MX、読売テレビ、BS 11にて放送を開始したTVアニメ『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』が、3月27日・28日に遂に最終回を迎えるにあたって、メインキャスト陣よりコメントが到着いたしました。


             ▲アフレコ終了後キャスト集合写真
             (前方左より小野大輔、山下大輝、逢坂良太、木戸衣吹
              後方左より財満健太、増元拓也、梅原裕一郎、古川慎、山谷祥生、関幸司 ※敬称略)


                     ▲GACKTアフレコ終了後写真

【質問内容】
①最終話のアフレコを終えての感想をお願いいたします。
②2クールご自身のキャラクターを演じてみていかがでしたか。
③最終話の放送を楽しみにしている視聴者へ一言お願いします。

◆小林芳雄役:山下大輝さん
①最終話まで、結末が全く予想がつかないドキドキがずっとありました。
次はこうなるんじゃないか、いや、こうなるんじゃないかと毎回予想したり、キャストの皆さんと話したりするのがオリジナル作品であるこのTRICKSTERの楽しみ方だったなと思いました。
②小林は最後の最後まで小林でした!(笑)
食べ物に貪欲で、めんどくさい事が嫌いで、いつも眠い疲れた腹減ったが口癖の。
だけど、それが小林らしさであり、それが小林なんだと。
ただ、少年探偵団という居場所を見つけて、仲間というものができて、彼は認めないだろうけど知らず知らずの内に守りたい大切なものができていた。
これがいつの間にか彼を動かす原動力になっていました。声色にはあまりでないけど、表情や動きでそのあたりの変化が楽しめると思いました。
③小林と花崎の約束は果たされるのか!? 明智と二十面相は一体どうなってしまうのか!?
探偵団の皆は生き延びる事ができるのか!? 勝田の胸板はどこまで厚くなるのか!?
いい意味で最後の最後まで、予想の斜め上をいきますよ!! お楽しみに!!

◆花崎健介役:逢坂良太さん
①全員のカッコいいシーンが描かれたので、個人的には満足しています。
キャストの方たちとも熱い話になってきたね、なんて話をしていたので、最後にさらに結束感が生まれたように思いました。
②演じていて楽しいキャラクターでした。
過去を乗り越えて、仲間との絆も改めて深めて、小林と同じぐらい成長したなと思います。
収録している最中は心の動きが激しすぎて大変でしたけれども(笑)
③色々回り道してはきましたが、最後はきっと満足していただけると思います。
二十面相との決着も含めて少年探偵団がどのような結末を迎えるのか、その目で確かめていただければと思います。
まだ、舞台などもありますので、最後までTRICKSTERをよろしくお願いします!

◆明智小五郎役:小野大輔さん
①次に何が起こるのか、台本にずっと挑んでいる感覚がありました。とても若い現場でしたが、それぞれが自分の役割を全うできた2クールだったと思います。
②ずっと謎の多い人でしたね。明智が追い求めたものはなんだったのか。トリックスターとは二十面相であり、彼でもあったのかもしれません。演者である自分も気持ちよく騙されました。
③若いメンバーたちが試行錯誤を繰り返し、2クールしっかりと物語を紡いできました。彼らの生き様を最後まで見届けていただけたら嬉しく思います。

◆井上了役:梅原裕一郎さん
①あっという間の2クールでした。
少年探偵団としての団結力が、ようやく強くなった気がしました。
井上は明智さんがいない少年探偵団をまとめ、明智さんを救うべく活躍します。
②初めは少年探偵団の中で大人な役割を担っていると思っていましたが、話が進む中で、彼のまだ少年の部分が垣間見えました。
勝田、小林、花崎、との関係性の変化を経て、彼も成長したと思います。
③2クールの間、応援して下さりありがとうございます。
少年探偵団、そして明智と二十面相がどのような結末を迎えるのか、ぜひ最後まで見届けて下さい。

◆野呂誠役:木戸衣吹さん
①オリジナル作品ということもあり、「みんなで作品を作っている」という感覚をより強く感じながら演じてまいりました。
私自身毎回台本を読むのが楽しみで、もう終わってしまうのがすごく寂しかったです。
②最初は年相応の可愛い女の子かなと思っていたのですが、だんだんみんなのお母さん的なポジションになっていって、少年探偵団の中で一番人間的にしっかりしてた子なのかなと思いました。
またいろんな表情を見せてくれる子なのでアドリブとかも自由にすることができて演じていて楽しかったです。
③早くみなさんに見ていただきたい気持ちでいっぱいです! それぞれの登場人物もみんな個性豊かで、それぞれ抱えているものがあります。
少年探偵団の絆、人間ドラマにもぜひ注目していただけたらと思います! お楽しみに!

◆勝田雅治役:増元拓也さん
①あっという間だったなというのが正直な感想で、そして学園物でもあったせいか本当に卒業したような寂しい気持ちです。
少年探偵団のみんなと勝田と一緒に走りきった収録現場がもう恋しいです!
②最初から井上との過去を含めたエピソードからスタート出来たキャラクターだったので、そこは物凄くありがたかったなと思います。
勝田自身はもう決めた夢に向かって進んでいるので、本当に応援するつもりで演じてました。
③明智さんと怪人二十面相との因縁のゲームはついにフィナーレです。それぞれの思いがどう終着するのか見届けてください。
半年間少年探偵団の成長を見守って下さってありがとうございました。

◆大友久役:古川慎さん
①素直に、最後まで少年探偵団の物語に関われて嬉しかったです。大友もなんだかんだで皆の事が好きなんだなぁ。
②大友は今まで演じたことのないような、変則的だけど色んな輝きのあるキャラクターでした。
変人として振舞ってはいるけど、彼の本質的な部分は常識人でもあったと思うので、少し遠巻きに少年探偵団たちの物語を支えられた彼にもお疲れ様を言ってあげたいです。
③少年探偵団の物語もいよいよ最終回です。最後まで、彼らの活躍をお楽しみに!!

◆山根たすく役:山谷祥生さん
①2クールお疲れさまでしたと、携わられた全ての人に言いたいです。もちろん見て下さった視聴者の方々にも。
謎が謎を呼びまくってたその謎たちも解き明かされ、様々な展開がありながら無事エンディングを迎えられて良かったです。
その後の世界で彼らがどう成長していくのかもう見られないと思うと、寂しくもあります。
②特殊技能持ちまくりな個性的メンツの中で唯一レベルに一般男子だった山根なので、この中で彼がどう魅せていくのだろうと思っていましたが、お当番回頂いたり無個性が個性じゃないけど存在感もちょいちょい出しつつ最終的には探偵団にもちゃんと居場所が出来て素直に良かったです。
③いよいよ最終局面です。明智と二十面相。小林と花崎。彼らの錯綜する想いや約束がどんな結末を迎えるのか。ぜひ、最後まで見届けてください。
見応えのとてもある最終回、僕は最後のシーンでなんかニヤってなりました。どうぞよろしくお願いします!

◆怪人二十面相役:GACKTさん
①やっと終わったって感じ。表現をずっと抑えたまま演技していたから結構ストレスフルだなって思っていた。
だけど、最終話でやっと狂気を出してもいいシーンが来たから、最後は自分のやりたいようにできて、よかった。
今までの抑えた演技の大変さもここに来るための布石だったと思えたかな。
②「心の傷を負った子は必ずこうなる」みたいに感じた。世の中って今の方が昔よりも圧倒的に内面的に二十面相みたいな心の傷を負った子たちが多いんじゃないのかな。
自身が演じてきた役の中では、凄く勉強させてもらった。表現を制限して、抑えて抑えてっていう抑える演技をずっとやらなくちゃいけなかったから。
そういう意味では成長させてもらったなって。イキイキできないキャラクターだし(笑)
③やっと怪人二十面相の狂気が露見するので、「待っていました!」と思っている人も多いんじゃないかな。
ぜひ、その狂気も楽しんで欲しい。

関連サイト

スポンサーリンク