Voice-Styleは運用テスト中です

三石琴乃によるナレーション! 『ワンダーウーマン』特報解禁

三石琴乃がナレーションを努める、『ワンダーウーマン』の特報が解禁されたぞ。気になる公開日は8月25日だ。

昨年大ヒットした『スーサイド・スクワッド』で日本・世界中から圧倒的な支持を集めた“ハーレイ・クイン”を軽々抑え、[最も期待されるアメコミキャラクターの実写デビューランキング※]で堂々No.1のキャラクターとなった“ワンダーウーマン”。彼女が主人公の映画『ワンダーウーマン』が8月25日(金)に日本で公開される。
そしてこの度、『美少女戦士セーラームーン』シリーズの主人公月野うさぎの声で知られる三石琴乃がナレーションを務める、本作の初映像となる待望の特報がついに完成。絶大な支持を集める美少女戦士と、世界で最も期待される美女戦士による奇跡的なコラボレーションとなる特報は必見だ。※米チケット販売サイトFandangoの調査

★“粋”なナレーションで魅せる《美女戦士ワンダーウーマン》の初映像!
解禁された映像は、女性だけの島で育ち、男を知らないプリンセス・ダイアナ(ワンダーウーマン)が、不時着し島に流れ着いたパイロットのスティーブを見つけ、興味津々に「これがオトコ?」と言い放つ衝撃的なセリフからスタートする。
故郷をはなれスティーブと共に大都会ロンドンへやってきた好奇心旺盛で生真面目なダイアナは彼に秘書として同行し社会を学んでいく─。が、荒れる社会の中で、突然武装した男たちに襲われるも銃弾を素手で防ぎ、圧倒的なアクションを披露し[最強のスーパーヒーロー]の一面を覗かせる。
一方、女だけの島で育った事から男も恋も知らないほど、世間知らずな彼女は、注意されてもついつい剣と盾を持って街を歩いてしまい、「あなた変わってるのね!?」と驚かせる[生真面目な天然系]という予想外のカワイイギャップを披露している。

そんな“最強なのに天然系の美女戦士”というスーパーヒーローの魅力を伝えるため、ナレーションを担当したのは人気声優の三石琴乃。彼女が演じる“セーラームーン”もまた、美しく、強く、しかしドジな面も魅力的なキャラクターとして女性から高い支持を集め続けている。
また、彼女は明石家さんまも絶賛する人気キャラクター『ワンピース』に登場する“ボア・ハンコック”も演じており、女性だけの島アマゾン・リリーの皇帝にして、女海賊団の船長、しかも世界屈指の美女というキャラクターは“ワンダーウーマン”とも重なる部分が多い。
設定・性格など“ワンダーウーマン”とも重なる部分を感じる両人気キャラクターを表現する三石琴乃のナレーションによって、映像の中で“ワンダーウーマン”が言う「私がこの世界を守ってあげる」というセリフや美しいアクションが一層引き立てられ、凛とした女性の強さと可愛らしさを存分に表現した日本オリジナルの特別な特報として完成した。


★全世界が期待を寄せる《時代が求めたスーパーヒーロー》
世界で今最も実写化への期待を集めている“ワンダーウーマン”。ほかにも、米エンターテイメント誌「Entertainment Weekly」が選ぶ最強ヒーロー50選では“スパイダーマン”“アイアンマン”“バットマン”と言った並み居る人気ヒーローが並ぶキャラクターを抑えてダントツの1位を獲得。
男性ヒーローの活躍を描いていたコミックスの世界に1941年、彗星のように現れ長くに渡って世界中の女性達を鼓舞してきた“ワンダーウーマン”。女性の活躍が社会にとって必要不可欠となった今の時代が求めたかのようなタイミングで映画化されたのは、まさに必然といえるだろう。

“ワンダーウーマン”を演じるガル・ガドットは「女性として、そして娘の母として、この物語を語るには、今ほど完璧なタイミングはないと思う。そろそろ女性のヒーローが登場するべき時ね。」とコメントを添える。さらに「愛が溢れる彼女は<良いことをしたい>と思っているキャラクターなの。だからワンダーウーマンはパーフェクトで偉そうな存在じゃなくて、柔らかみがあって、愛されるキャラクターとして演じたかったの。」と、従来の単純に強いだけではない、愛に溢れ女性らしさを持ったヒーローだと話している。
故郷を離れ、ロンドンで暮らし始めた彼女は、自身の力を何のために使うのか? 映画『ワンダーウーマン』は8月25日より全国公開。ぜひ劇場で、彼女の活躍を目撃して欲しい。

邦題:『ワンダーウーマン』 配給:ワーナー・ブラザース映画 監督:パティ・ジェンキンス 出演:ガル・ガドット、クリス・パイン

関連サイト