Voice-Styleは運用テスト中です

山下大輝、三宅健太らが登壇! 『僕のヒーローアカデミア』スペシャルステージ、AnimeJapan 2017にて開催

山下大輝、三宅健太、岡本信彦、佐倉綾音、梶裕貴、悠木碧、諏訪部順一らが登壇した、『僕のヒーローアカデミア』スペシャルステージがAnimeJapan 2017にて行われたぞ。

スポンサーリンク

3月26日、アニメ総合イベント「AnimeJapan 2017」で「『僕のヒーローアカデミア』スペシャルステージ」が開催されました。
キャストから、山下大輝さん(緑谷出久役)、三宅健太さん(オールマイト役)、岡本信彦さん(爆豪勝己役)、佐倉綾音さん(麗日お茶子役)、梶裕貴さん(轟焦凍役)、悠木碧さん(蛙吹梅雨役)、諏訪部順一さん(相澤消太役)が登場。学校のチャイムが会場に鳴り響くと、本編で出久たちの担任教師・相澤を演じる諏訪部順一さんがまさに“先生役”としてホームルームよろしくステージを進行していきました。


4月1日(土)からスタートする新シリーズは、まず個性豊かな生徒同士が激突する「雄英体育祭」が描かれます。その本編放送に向けて、各キャストが本編の見どころを、自分が思うキーワードを絡めて紹介。「証明」というキーワードを出した山下大輝さんは、「新シリーズでは、各キャラクターがそれぞれ自分がここにいる意味を“証明”しようとします。有望株をスカウトしようと体育祭に注目しているプロヒーローに対してのアピールもありますし、そしてなにより、自分が絶対にヒーローになるという強い気持ちを見せようとします。」とアピール。岡本信彦さんは、キャラクターすべてが見せる「本気」。佐倉綾音さんは、自身が演じるお茶子をはじめとするキャラクターの「家族」の関係。石川界人さんは、生徒全員がそれぞれ「課題」を抱えながら成長していく姿を。梶裕貴さんは、体育祭のドラマのキーとも言える轟の「血」、肉親とのエピソード。悠木碧さんは、ヒーローを目指してぶつかり合う生徒たちの「プライド」。そして三宅さんは、新シリーズから登場し始めるキャラクターたちを指して「新たな有精卵ども」と、それぞれがキーワードと共に見どころを語ってくれました。

ステージ後半は、会場で特別に上映された2つの映像に大歓声が起こりました。ひとつは、4/1(土)からオンエアされるオープニング映像を先行で初公開。米津玄師さんが歌うオープニングテーマ「ピースサイン」をバックにキャラクターたちがめまぐるしく動き回ります。もうひとつはこちらも初公開となる、6/2(金)に発売される『僕のヒーローアカデミア』コミックス第14巻の限定版に同梱されるオリジナルアニメDVDのPV(https://youtu.be/qDKb6Rqwi0k)。「Training of the Dead<トレーニング・オブ・ザ・デッド>」と題されたこのオリジナルアニメは、原作の堀越耕平氏がストーリー原案と新キャラクターの原案を手掛け、原作でも描かれていない“ゾンビもの”のエピソードが展開していきます。

ステージの際に、主演の山下大輝さんは「新シリーズがいよいよスタートします。キャストも力を入れて、全力で演じています。また、スタッフも素晴らしい作品をお届けできるように作っています。皆様にぜひご覧になって頂きたいです!」と熱い想いを集まった1500人以上のファンに投げかけました。最後は『僕のヒーローアカデミア』のイベントでは恒例となった掛け声でフィナーレ。山下大輝さんと三宅健太さんの号令で、「さらに向こうへ! Plus Ultra(プルスウルトラ)!」と、キャストと客席全体で叫び、4月1日(土)からの新シリーズ本編スタートに向けてさらに勢いを加速させるステージを締めくくりました。

関連サイト

スポンサーリンク