Voice-Styleは運用テスト中です

【ラジオフック第7回】河本啓佑さん流の「虫との暮らし方」が判明!?/本渡楓さんが語る上京時の心境、地元とのギャップとは?

3月28日に雑誌『アニラジグランプリR』が発売されました。先週末の「AnimeJapan 2017」で先行販売も行われ、そちらも人気を集めていました。
「アニラジ」と冠しているとはいえ、取り上げるすべての番組のパーソナリティーが職業・声優というわけではありません。同誌に掲載されている『鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト』は受賞者3人がすべて非声優であったりします。
今回はまず、そんな幅広い「アニラジ」の中から、声優と異業種の方々が揃う番組を紹介します。
 

『カドラジ』
パーソナリティー:河本啓佑、加藤里保菜、コヒメ・リト・プッチ(アフィリア・サーガ)
配信元:響 – HiBiKi Radio Station –
配信日:3月21日

こちらは声優の河本啓佑さん、女優・タレントの加藤里保菜さん、アフィリア・サーガのコヒメ・リト・プッチさんの3名がパーソナリティー。その名の通り、KADOKAWAのコミック、アニメなどの情報を届けていく番組です。

今回は前回の「カドラジ会議室」で3人が話し合った「こんな物件はイヤだ」というお題に対するリアクションが到着。
リスナーの「クモが出てくる物件に住んでいた」というおたよりを受け、河本さんが自分はそういった虫を「泳がしている」と発言。
天井に現れたとしても放っておくとのことで、近くに来ない限りは「ペット的」「一緒に住んでいる」という感覚だそう。虫が苦手だけど退治はしづらい……という人にはタメになる話かも!?

ちなみにハーフでもある加藤さんから、フィリピンにあるお母さんの実家のほうでは手のひらサイズのクモ(!)が出る、別に珍しくないので皆平然としているというお話が。これには河本さんも驚いた様子でした。
 

『亜人ちゃんはラジオで語りたい~でみらじ~』
パーソナリティー:本渡楓、篠田みなみ
配信元:音泉
配信日:3月24日

こちらは本渡楓さん、篠田みなみさんという女性声優2名による、アニメ『亜人ちゃんは語りたい』のラジオ番組。

リスナーから寄せられたテーマについて本渡さん・篠田さんのどちらかが語る「えーでちゃん/だーちゃんは○○を語りたい」の企画を、今回は「えーでちゃん(本渡さん)は“上京”を語りたい」として行いました。

愛知県出身の本渡さんは、上京して今年で3年目。篠田さんに地元と東京との違いを聞かれ、東京はビルが立ち並んで「空が見えない」こと、電車の発車の間隔が短い(遅延したといっても数分程度)ことなどを挙げていました。

親元を離れる際は「寂しかったけど(仕事のために決めたことなので)すごくワクワクしていた」という本渡さん。上京した時点ではまだ事務所への所属は決まっていなかったそうです。現在の活躍ぶりを見るに、ワクワク感はウソをつかないということでしょうか。

 
今回は以上の2番組を紹介しました。
ちなみに本渡さんは芸人の天津・向清太朗さんとも番組を持たれていて、そちらも人気。今後どのような声優×異業種の「アニラジ」が生まれていくのかも気になるところです。

関連サイト