Voice-Styleは運用テスト中です

堀江一眞、勝杏里、米内佑希らが出演! 声劇和楽団『源氏物語~陽光の姫 夕闇の君~』DVD発売記念イベントレポート

声優・堀江一眞と和楽器奏者・田中奈央一のユニット「声劇和楽団」。第5回公演『源氏物語~陽光の姫 夕闇の君~』のDVD発売記念イベントが3月20日に行われた。勝杏里、米内佑希らも登場したイベントのレポートが到着したぞ。

スポンサーリンク

声優・堀江一眞×和楽器奏者・田中奈央一による音楽朗読劇ユニット、声劇和楽団第5回公演『源氏物語~陽光の姫 夕闇の君~』DVDの発売記念イベントが、2017年3月20日開催されました。
登壇したのは、光源氏役・堀江一眞さん、頭中将役・勝杏里さん、惟光役・米内佑希さんの三名。

軽やかな和楽器の音色と共に、公演時と同じ衣装での登場。来場されたお客様への感謝の言葉から始まりました。
自分のキャラのエピソードについて、「惟光は観客に投げかけるようなセリフが多かった。源氏物語という古典を、惟光のユニークな投げかけによって身近に感じてもらい、観客との距離感を縮められたらという思いがあった」(米内さん)、「生々しいところもある作品だから、それを感じさせないようにしたかったが、稽古中は『ちょっとやりすぎ(笑)』と言われることもあった(笑)。一方、そこはもっとやっていいと言われるところもあり、頭中将がどこまでやれるかを探るのが楽しかった」(勝さん)など、振り返りました。
勝さんは、堀江さんの要望でアドリブも豊富に入れていたそうで、そのアドリブに葵役・飯田里穂さんが懸命に耐えているところがDVDに収録されているそうです。堀江さん演じる光源氏は、古典そのままだと堀江さん曰く「ゲスい」ため、いかに憎めない男に落とし込むのかというところに、脚本段階で相当悩まされたそう。「光源氏は全員を一番に愛している、悪気がない、愛に溺れる常に本気のプレイボーイ」という男性像に持っていったそうですが、みなさんに「光源氏は病気」と言われてしまっていました。

続いて「どうやって実際に好きな相手を落とすのか」というプレゼンコーナーへ。
それぞれが、自分のキャラで決め台詞を披露。
トップバッターの米内さんが、迷わず勝さんの眼の前に立つと会場が笑いに包まれました。仕切り直して「いやぁ、私も源氏について長いものですから、数々の女性を見て参りました。とはいえ、あなたほど輝いている女性は、これまでに見なかったような気がします。……ああ、もちろん、あなたが源氏の君を……ということは、知ってはおります。ですが……、私ではダメでしょうか……。いや、私のものになってください」(米内さん)と完璧なセリフ。
こんなマジなの?!と慌てた勝さんが堀江さんに助けを求めます。
「勝さん、最近の若者はすごいんですよ。ツラツラ出てくるんですよ」
「そんなん無理だよ~」
と、焦り気味の勝さんの決め台詞はというと、「私の好きな……西の地からきたらしい、中華そばを一緒に食べてくれるか」(勝さん)……で、会場は爆笑の渦に。

そして堀江さんは、なんと光源氏ではなく堀江一眞としての決め台詞を!
「あの……頼みがあるんだけど……頼みっていうか、お願いっていうか……。単刀直入に言うけど……一晩一緒に過ごしてくれないかな? なんでって、それは……君が魅力的だから」(堀江さん)
ガチすぎるセリフに本人も恥ずかしくなった堀江さんでしたが、米内さんは今後の参考にしますとのことでした。
 

この日ちょくちょくネタとして挟まれていた「壁ドン」というワード。
このイベントの第二部で堀江さんによる壁ドン会が行われるからというのが理由なのですが、この決め台詞のコーナーで急遽デモンストレーションされることに。客席から招かれたお客さんが米内さん、勝さんにエア壁ドンされると、今日イチの盛り上がりを見せました。
会場の熱気を見て、なぜか堀江さんは米内さんを相手にエア壁ドン。
「今晩共にしてくれないか」
「喜んで♡」(堀江さんの胸に飛び込む)

お二人の熱演に、会場の皆さんからは拍手と笑いが漏れました。

大盛り上がりだった壁ドンデモンストレーションの後は、この日のために書き下ろされたスピンアウトシナリオの朗読。
光源氏と姫君たちの動く絵巻物をこっそり見ていた惟光と頭中将と、それを嗅ぎつけた光源氏。見ているものを悟らせまいとあれこれ画策する二人……というコメディ色の強い楽しいシナリオでした。

あっという間の一時間が過ぎ、第一部はここで終了。

休憩を挟み、堀江さんによる第二部の壁ドン会……もといささやき会が行われました。
パーテーションで区切られた向こう側で、お客さんに壁ドンしつつ囁く堀江さん。
どんなセリフの応酬があったのかは当事者のみぞ知る世界ではありますが、ご参加のみなさまの満ちた様子から、相当のことがあったのだと推察しました……。

(※スタッフです)

以上のように、カロリーの高いイベントも無事に終了。
次の公演の発表もありました。
声劇和楽団の次回公演は2017年7月29日、30日。
詳細は声劇和楽団HP、Twitterにてご確認ください。

声劇和楽団HP http://seigeki-wagakudan.com/
Twitter @seigekiwagaku

関連サイト