Voice-Styleは運用テスト中です

益田博隆の声優見聞録 ~心のボイスレコーダーにハイレゾ録音~ 第17回『特別篇』

どうも~、甘いコロンに火薬のニオイの男に憧れるライターの益田です。
いつもは、声優さんが出演されるイベントや収録現場などについてレポート(リポート?)を書かせて頂いていますが、今回は、声優さんの現場に伺えるタイミングがなかったため、(ようするにネタ切れです。)大変恐縮ではございますが、わたくし益田自身について書かせて頂きます。
確かに、『誰だよ?知れねぇよ!』、『おめぇのことなんて、心の底からどうでもいいんだよ!』と唾を吐かれて、冷水を掛けられて、焼きそばパンを買いに行かされても、仕方がないことを承知ではございますが、ここは敢えて書かせて頂きます。宜しくお願い致します。

現在は、テレビやラジオ番組、声優さんや芸人さんのイベントなど、未熟ながらも構成作家としてお仕事をさせて頂いていますが、元々は、大阪の松竹芸能さんで売れない若手コンビでして、漫才やコントを10年ぐらい前までやっていました。(よくある、芸人をやめたら作家に鞍替えするパターンの一人です。)

ここで、少しだけ、若手芸人時代の時のお話をさせて頂きますが、まだ芸歴が2年目のころ、心霊ライブの出演のお話が来まして、ライブのお客さんに見せる、肝試しロケのVTRが必要となりまして、西日本で一番怖い心霊スポットを若手時代のTKOさんらと共に廃墟の旅館へ行き、すると誰かが(たぶん木下さん)、『ジャンケンで負けた人、一人がデジカメを持って廃墟を周ろう。』と余計なことを言ってきまして、8人もいたのですが、あっさりとわたくしだけが負けてしまい。手がチョキのまま膝が崩れ、暗闇でも映るナイトビューに設定をして、震えながら廃墟旅館のフロアを撮影して周り、『怖かったですわ~』と肝試しロケを終了して、後日、デジカメを見直すと、震えているわたくしの後ろで、瞬きをしているような霊がしっかりと写っており。それ以後、そのVTRが少しだけですが、話題になりまして、心霊特番や、各メジャーな番組の心霊特集で扱われるようになり、15年経った今でも納涼イベントのお話が来ます。詳しくは、「松竹 心霊」と検索すれば、画は荒いですが20代の頃のわたくしの心霊ロケ映像が出ますので、納涼の時期にでもご覧くださいませ。

声優さんとお仕事させていただくようになりましたのは、5年前に遡りまして、先輩の作家さんから手伝ってほしいということで、ネットラジオ「Daisy×Daisy10歳平和同盟!」という番組を担当し、声優さんの番組を扱っていることが多いスタッフさんだったため、流れでネットラジオ「ランティスラバーズ ~ランラバ~」と「鈴木千尋のダイスアドベンチャー!」と、ここから声優さんとお仕事する機会が増えました。
ちなみに、「ダイス~」では、山下大輝くんが、新人のアシスタントとして出演されていて、進行台本のセリフを噛まないように必死で番組を進めていたのを今でも覚えています。当時、バイトもされていて、スタジオまで自転車で来るという、うぶな青年でした。(数年後も自転車で活躍されましたね。)

その後、「山口勝平のスマートKANKAN」(その後、「山口勝平のスマカン!」)というラジオ番組で、初めてレジェンド声優の山口勝平さんとお仕事をさせていただきまして、当時は緊張して、番組の打ち合わせ以外では、話しかけられなかったですが、(今では、下ネタを言い合ってますけど)番組終了後、勝平さんのマネージャーさんからの紹介で、文化放送・超A&G+「山口勝平の殿様ラジオでGO!」にも呼んでいただき、この番組の制作さんにもお世話になり、声優さんのロケバラエティやラジオ番組、イベントなどなど、未熟ながらもやらせて頂き、現在に至ります。
こんな野良犬のような自分を拾ってくれた、勝平さんとマネージャーさんには、わたくしにとっては恩人でございます。この場を借りてお礼を言わせて頂きます!! ありがとうございます!!

・・・・というわけで、こんな、わたくしの記事を、最後まで読んで頂いた方、(もし、いたらですが、)本当に本当にありがとうございました!! 次回こそは! 声優さんのリポート(レポート?)を必ず書かせて頂きますので、今後も「声優見聞録」を宜しくお願い致します。では、また。

<益田博隆に関する 番組・連載・イベントなど>

■テレビ:「きらきらアフロ」、「田代県立小島高校日直山根」、
「箱庭鉄道~ジオラマスターのチカラ~」、「社交ダンスの魅力をあなたに!!」、
「南まりかのTOCHITAMA!」

■ラジオ:「山口勝平の殿様ラジオでGO!」、「イケメン革命◇ アリスと恋の魔法」、
「レッツ!ヴェルヴェッツ!」・他、超A&G+さんの番組など

■DVD:「箱庭鉄道~ジオラマスターのチカラ~」、「TKOゴールデン劇場」、
「clubRAINBOW~虹色デイズ~」、「田代県立小島高校日直山根」、
「うしろシティ うれしい人間」

■ドラマCD:「電車生活」原作・脚本、「銀色のトランク」原作・脚本

■連載:高円寺タウン誌「SHOW-OFF」 

■イベント:5月5日「TKO&サンドウィッチマンのコント大好き! 2017」(札幌・共済ホール)
5月20日「チョップリン単独ライブ「断る。」(東京・新宿角座)
TKOトークライブ「戯れ言」(新宿角座で2~3ヶ月周期で公演)
※他、アニメイベントを月イチで開催