Voice-Styleは運用テスト中です

4期決定でまだまだ盛り上がる! 山下大輝、鳥海浩輔ら人気声優14人が登場の『弱虫ペダル NEW GENERATION』イベントレポート

渡辺航氏原作による自転車<サイクル>ロードレースに全てをかける高校生たちの戦いとドラマを描くTVアニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』のイベントが7月9日に舞浜アンフィシアターにて開催されました。

スポンサーリンク

小野田坂道役の山下大輝さん、今泉俊輔役の鳥海浩輔さん、鳴子章吉役の福島潤さん、手嶋純太役の岸尾だいすけさん、青八木一役の松岡禎丞さん、鏑木一差役の下野紘さん、真波山岳役の代永翼さん、泉田塔一郎役の阿部敦さん、黒田雪成役の野島健児さん、葦木場拓斗役の宮野真守さん、銅橋正清役の小野大輔さん、新開悠人役の内田雄馬さん、御堂筋翔役の遊佐浩二さん、岸神小鞠役の福山潤さんという総勢14名のキャストが登場! 大盛り上がりのイベントの様子を紹介します。

イベントのスタートはお馴染み(?)、総北高校の杉元照文によるオープニング映像。出演したいのにいつも前説だけだという彼によるイベント紹介に会場は大爆笑です。次はイベントにも登場してほしいですね。

いよいよ、出演者がずらりとステージに登場し、それぞれ挨拶をしていきます。普段から自転車に乗っているという福島さんが「どうぞお先に、ロード、ロード」と言うと、名前だけでなく芸風も被っているという福山さんも自転車に乗ることで電車代を浮かすことができると話し「小銭ですけど、自転車と相性がいいんですね。チャリンチャリン」とギャグで応戦。仲の良さを見せてくれました。

イベント最初のコーナーは「弱ペダ Q&ジェネレーション」。事前にファンから集められていた質問のキャスト陣が答えていきます。「かっこいいシーン」や「涙したシーン」を映像とともに振り返っていくのですが、岸尾さんは手嶋の背負っているものが多いとキャラクターの背景を演じながら強く感じていたということです。阿部さんも泉田を演じながら声を枯らしたと話し、アフレコ現場の熱さが伝わってきます。

続いて、この日のために書き下ろされた朗読劇が披露されました。夏祭りをテーマにしたストーリーではキャラクターたちが、自転車ではなくお祭りならではの勝負を繰り広げます。客席から爆笑が起こったのはもちろん、キャストの皆さんも笑顔で楽しそうだったのが印象的でした。

朗読劇の後は再びトークコーナーです。匿名で質問に答える意識調査が行われました。「弱虫ペダルを見て泣いたことがある」という質問では、当然全員かと思いきや、イエスと答えたのは8人。ここで「感情が死んでそう」(!?)と下野さんが放送を見て泣いていないのでは、と疑われたのですが、さすが下野さんです。即興ソングで答えてくれました。『僕が弱ペダで泣いた日』と名付けられた即興ソングの中で「杉元のシーンで泣いたよ」と告白。疑いを晴らすことができました。

ほかにも自分の演じたキャラが最初よりだいぶ変わったか、という質問もあり、それぞれのキャラクターを振り返るシーンも見られました。松岡さんは「1期のころと比べると誰なのっていうくらい変わった」とその変化をご自身でも驚いているようでした。また野島さんも「強くなったと思う」と黒田について話していました。

トークのあとは、アニメのオープニングを担当した夏代孝明さんとエンディングを担当した佐伯ユウスケさんが登場。ライブパフォーマンスを披露してくれました。圧巻のパフォーマンスに会場は総立ち。みなさん手にしたペンライトを振って盛り上がっていました。夏代さんは「学生の時から大好きな作品に関われて光栄」と話し、佐伯さんは『タカイトコロ』を披露する前に、みんながそれぞれ思うてっぺんを表現したと話し「てっぺんとるッショ!」と巻島裕介の物まねを披露。作品やキャラクターが多くの人に愛されていると感じることができる瞬間でした。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、最後は全員そろっての告知コーナーです。すでにニュースになっていますが、2018年1月よりTVアニメ第4期がスタートすること、今年の10月には劇場版『弱虫ペダル Re:GENERATION』が公開になることが発表されました。これにはファンだけでなくキャストのみなさんも大喜び。宮野さんは「熱い(アフレコ)現場なので、このメンバーでアフレコができるのが楽しみ」と話し、3期ではあまり新開の出番がなかった内田さんは「4期は僕が一番待っていました!」と笑顔を見せてくれました。御堂筋というキャラクターはインパクトも強く忘れられませんが、遊佐さんは「レースはあまりなかった」と話していたので、こちらも期待です。

まだまだ盛り上がることが予想される『弱虫ペダル』。3期から登場した小野さんも「アフレコの時にバカみたいに大きな声を出してレースをしている」とキャスト陣の本気度を振り返り「その中でハコガク(箱根学園)のメンバーになれて光栄」と感慨深そうな表情を浮かべていました。また、同じチームである代永さんは「不思議ちゃんと筋肉しかいない感じになりましたね」と笑いながらも「ハコガクもさらに盛り上がっていきます」と意気込みました。

鳥海さんも「ここまで長く続く作品は限られているので、応援に負けないようにいい作品を作っていきたい」と話し、最後は山下さんが「個人的には同じクライマーの悠人が気になる。今後戦うこともあるかもしれないので、すごく楽しみで仕方がありません。これからもみなさんの期待を背負って全力でペダルを回していきたいと思います!」とイベントを締めくくりました。

外の暑さに負けないくらい熱く盛り上がったイベント。これからも劇場版に第4期に『弱虫ペダル』から目が離せません!(一部写真・文 / 西岡舞子)

『弱虫ペダル』TVアニメ第4期
2018年1月放送スタート

<第4期発表PV>

<TVアニメシリーズ公式HP>http://yowapeda.com/
<TVアニメシリーズ公式Twitter>http://twitter.com/yowapeda_anime
<TVアニメシリーズ公式Facebook>http://www.facebook.com/yowapeda

『弱虫ペダル Re:GENERATION』
2017年10月特別上映
<公式HP>http://yowapeda.com/regeneration/

関連サイト

スポンサーリンク