Voice-Styleは運用テスト中です

鈴村健一、松本梨香、浪川大輔らが出演! DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』キャスト第2弾発表

山田孝之、知英、安田顕らが出演すると発表されていた、『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』のキャスト第2弾が発表された。鈴村健一、松本梨香、浪川大輔、中井和哉、高木渉らがおなじみのヒーローとなって出演するぞ。

スポンサーリンク

バットマンやスーパーマン、ワンダーウーマンらジャスティス・リーグが東京に出現!
鷹の爪団とコラボで話題の『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』が、10月21日(土)より、ロードショーいたします。
このたびジャスティス・リーグや映画を盛り上げる様々なキャラクターたちの声優出演が決まりました。

ジャスティス・リーグとしては、すでに解禁されているバットマン役の山田孝之に続き、バットマンの不在に頭を悩ますスーパーマン役に、「銀魂」の沖田総悟役や「仮面ライダー電王」リュウタロスの声など幅広い人気キャラを演じる鈴村健一、ワンダーウーマン役に「ポケットモンスター」シリーズのサトシ役で世界中に知られる松本梨香、フラッシュ役に「ルパン三世」の石川五ェ門役や「スター・ウォーズ」シリーズのアナキン・スカイウォーカーの吹き替えでおなじみの浪川大輔、サイボーグ役には「名探偵コナン」の高木刑事役や大河ドラマ「真田丸」でも俳優デビューを果たし話題となった高木渉、そしてアクアマン役に「ONE PIECE」ゾロ役や、「戦国BASARA」伊達政宗役で知られる中井和哉が決定!
また、ハーレイ・クインたちとともに日本で暗躍するペンギン役に「AKIRA」の金田正太郎役をはじめ多数の作品で活躍する岩田光央、シェアハウスの同居人マリエ役に、「ラブライブ!」南ことり役をはじめ、声優・歌手として幅広く活躍中の内田彩、30年前のバットマンことブルース・ウェインと総理役には「ポケットモンスター」シリーズのニャースでおなじみの犬山イヌコなど、豪華ベテラン声優陣が大集結。
そのほかにも、“カネトモ”の愛称で知られ、「おしりかじり虫」の声でも日本中に知られている人気声優・金田朋子や、ラッパー以外にドラマ、CM出演と活躍の場を広げているラッパーDOTAMA、とくダネコメンテーター橋口いくよら多彩なメンバーが出演している。


さらに、本作品のタイトルコールを「ブラック・ジャック」のブラック・ジャック役、さらにスティーヴン・セガールをはじめとした数々の吹き替えなどで安定した魅力を持つ大塚明夫が担当した。
収録を終えた各キャストからの愛あるコメントも到着!

キャストコメント
■鈴村健一(スーパーマン役)コメント
「あこがれの秘密結社鷹の爪に参加できたこと、そして、子供の頃から大好きだったスーパーマンを演じられたこと、すべてが奇跡のようです!
そしてやっぱり面白い!
あの他では味わえない間を視聴者としてではなく、一緒のフィルムの中で味わえたことは言葉にならない喜びです!」

■松本梨香(ワンダーウーマン役)コメント
「DCcomicsと鷹の爪団がタッグを組んだ映画で、すごい魅力的だなと思いました!
最高すぎて笑顔まんまるです。そんな遊び心満載の映画に出演出来る事が嬉しいです。幸せ!」

■浪川大輔(フラッシュ役)コメント
「すごいコラボレーションで「めちゃくちゃ面白そう!!」というのが感想です。
内容もなかなか切れ味抜群な攻めをしていて仕上がりが楽しみです!」

■中井和哉(アクアマン役)コメント
「DCヒーローズとのコラボのはずなのに、色んな大ヒット邦画のエッセンスも盛り込まれてお得感がありました。
今一番笑えるのは政治なのかも、みたいなことも感じました。」

■高木渉(サイボーグ役)コメント
「自分がいちファンとして鷹の爪団を楽しみに観ていた側からいま、参加して発信する側にいることが不思議な気持ちです。
物語の設定やセリフ運びなど、鷹の爪団ならではの可笑しく独特な世界に参加出来てとても光栄でした。」

■岩田光央(ペンギン役)コメント
「いやー、今回も良い意味でくだらなかったー!(笑)
何とも言えない、ジワジワと来る面白さがクセになりますね。
さすがです、フロッグマンワールド。」

■犬山イヌコ(宍戸総理大臣役)コメント
「FROGMAN作品の魅力である、スピード感すげいのに力の抜けた絶妙なセリフの数々とあんまり動かない画!
そこに、いっぱい動いてこそのDCコミックスのヒーローたち!
わしは総理大臣役! 楽しみでござります♪」

■内田彩(マリエ役)コメント
「今回はDCスーパーヒーローがたくさん出て来るので、いつにも増して賑やかな内容になっていて楽しみです!
告知フライヤーがカッコ良すぎてびっくりしました…!!笑
収録も楽しかったです!
マリエがどこでどんな登場をするかもお楽しみに!です♪」

■金田朋子(マンドラゴラ役)コメント
「偉い人の言い方をするなら私のための私によるための私のための役になってます(笑)
ん? あってます?(苦笑)
とにもかくにも今の私にぴったりカンカンの役!?セリフなのでぜひ見てください!」

■大塚明夫(タイトルコール)コメント
「たった一言、タイトルコールだけを担当させていただきましたが、きっと面白い作品になっていると思います。
ぜひ劇場でご覧ください。」

■STORY
2017年、東京。なぜかシェアハウスに住むジョーカーとハーレイ・クインを訪ねる男、ペンギン。
彼らの目的は鷹の爪団だった。彼らの仲間、天才博士レオナルドが開発した秘密兵器を奪い、汚くお金を稼ぎ、その資金で映画を作ろうとしていたのだ。
映画の主人公は、兵器で身長600メートルに巨大化されたシン入社員!! 無駄な動きが多いシン入社員が暴れ始めたら街は壊滅する。ジョーカーたちを追ってきたスーパーマンやワンダーウーマンなどが所属するスーパーヒーローチームのジャスティス・リーグと共闘して戦うことになった鷹の爪団。
しかし、ジャスティス・リーグの派手なアクションシーンは、途端にバジェットゲージが蒸発し、画面が雑になる問題が発生! このままでは、ジョーカーたちを倒せない。こうなったらジャスティス・リーグの仲間たちから離れアメリカにいるあの金持ちで暗いヒーローに資金援助してもらおう! そう、バットマンだ!
果たして気難しいバットマンの説得は成功するのか? 日和見なDXファイターや新キャラ“吉田ジャスティス・リーグ”も交えて物語はクライマックスを迎える。
予算の都合で途中で終わり、次回作に持ち越してしまうのか、巨大シン入社員は撃退できるのか? ハリウッドのDCスーパーヒーローズと日本でも独自路線を行く鷹の爪の史上空前のプロジェクトが今、始まる!!

監督・脚本・原案:FROGMAN
キャスト:山田孝之、知英、安田顕、鈴村健一、松本梨香、浪川大輔、中井和哉、高木渉、岩田光央、内田彩、犬山イヌコ、金田朋子ほか
タイトルコール:大塚明夫
製作:DLE/ワーナー ブラザース ジャパン 制作:DLE 配給:ワーナー・ブラザース映画 宣伝:KICCORIT/ウフル/DROP./フラッグ
公式HP:http://dc-taka.com/
Twitter:(映画公式) https://twitter.com/dctaka_movie /(鷹の爪公式)https://twitter.com/_takanotsume_
(吉田くん) https://twitter.com/yoshida_justice /(FROGMAN) https://twitter.com/ono_ryo1
シナリオのダウンロード(Kindleストア)URL:https://www.amazon.co.jp/kindlebooks

2017年10月21日(土) ロードショー

関連サイト