Voice-Styleは運用テスト中です

【声優見聞録 第34回】山口勝平さん 独占インタビュー! 絶賛発売中のミニ・アルバム『メンタイコごはん』

どうも~、3日連続つけめんを食べて5kg太った、ライターの益田です。
今回は、わたくしが長年お世話になっている、今月から発売が開始されました、勝平さんのミニ・アルバム『メンタイコごはん』について書かせて頂き、今回特別に勝平さんに独占インタビューをさせていただきました! ご協力ありがとうございます!!

スポンサーリンク

Q.今回、アルバムを出したキッカケってなんですか?

勝平『学生時代に、ARBやルースターズ、サンハウスとかが好きで、「めんたいロック」という福岡で流行っていたビートロックを友達と一緒に夢中になって聴いていたので、今回、「そういうのやらない?」と声を掛けてもらい、ARBから1曲(♪「魂こがして」)、ルースターズから1曲(♪「どうしようもない恋の唄」)をカバーさせてもらい、楽しいアルバムができました。』
 
わたくしもアルバムを聴かせて頂きましたが、70年代後半や80年代前半の人には、たまらないぐらいカッコいい曲ですよね。子供の頃、好きだった想い出の曲をカバーできるなんて、うらやましいです。

Q.どういう人に聴いてもらいたいですか?

勝平『自分達と同じ世代や、ロックが好きな人、めんたいロックを知らない人にも聴いてほしいですね。』

私事で申し訳ないのですが、「めんたいロック」を恥ずかしながら知らず、まさかARBさんがいらっしゃるとは思いませんでした。ちなみに、ARBのボーカルは、俳優の石橋凌さんなんですねぇ。みなさんご存知でした?

Q.アルバムの中に6曲ございますが、どういった曲が詰められていますか?
 
勝平『今回、アルバムが6曲だけなんで、バラードとかラブソングは入れず、全編ノリノリで肩の凝らない楽曲ばかりです。』
 
確かにイベントやライブのOP曲とかで使いたくなるようなストレートな曲ですよね。車を運転しながら聞くにもいいかもしれないですね。

さらに、アルバムには、『ONE PIECE』ファンには嬉しい、映画『ONE PIECE GOLD』の主題歌、GLIM SPANKYの「怒りをくれよ」のカバー曲が入っているなど、ボリュームたっぷりですので、是非、お買い求めください!

わたくしはiPodに入れて丸ノ内線で聴いています。では、また。

関連サイト

スポンサーリンク