Voice-Styleは運用テスト中です

平川大輔、木村良平、田丸篤志らのコメント到着! 「オトメイトレコード」9月27日新譜情報

平川大輔、木村良平、田丸篤志らのインタビューコメントも到着した、「オトメイトレコード」の9月27日発売の新譜を紹介しよう。

スポンサーリンク

【和奇伝愛 永恋詩 ~弐ノ巻 赤翅・白十~】
2016年オトメイトレコードより発売されたキャラクターCD『和奇伝愛』シリーズの新作、『和奇伝愛 永恋詩(わきでんあい えいれんうた)』が2017年8月23日より5ヶ月連続でリリース!

本シリーズでは1枚のCDにキャラクター2名ずつが登場し、一人の少女(主人公)を巡るキャラクター同士の恋のバトルを描きます。8月発売の第1巻には梶 裕貴&柿原徹也、第2巻に平川大輔&木村良平、第3巻に櫻井孝宏&津田健次郎、第4巻には特別編ドラマCDより登場の立花慎之介&前野智昭が出演。
さらに12月にはキャスト総出演のドラマCDが発売。8人のキャストに加え、津田健次郎演じる巫(かんなぎ)の相棒でニコ生ラジオでもおなじみ琴音(ことね)を演じる鈴木裕斗と、本シリーズの新キャラクターとして「和奇伝愛」の物語の核心に迫る重要人物『命(みこと)』を演じる杉田智和が出演。総勢10名の豪華キャストが壮大な物語を彩ります。

■キャストコメント
和奇伝愛 永恋詩 ~弐ノ巻 赤翅・白十~
赤翅役・平川大輔さん
白十役・木村良平さん
—————————————————–

Q1:収録を終えてのご感想をお願いいたします。

平川大輔:作品としては久しぶりなのですが、全員出演のドラマCDだったり、イベントに出演させていただいたので、気持ち的には『和奇伝愛』という作品が、ずっと続いている感じで今日を迎えられました。そして実際演じてみて、思った以上に楽しかったです(笑)。
前作のドラマCDでは、皆でご飯を食べているシーンがあったので、古薫のメンバーに対しては、いっちゃうところはいっちゃうんじゃないかなと想像しながら演じました。
皆、心の中に秘めているものがあるからこそ、普段はワッとはっちゃけた部分を出しているような気がしたので、思い切りやらせていただきました。

木村良平:二人出演というのが、面白かったですね。
第1弾は白十とヒロインの物語でしたが、その後全員出演のドラマCDの収録もしたので、キャラクター同志の関係性もどんどん生まれてきています。
そういった流れもあって、二人出演のドラマCDも成立するんだなと感じました。長くこの作品を、やってこれたおかげかなと思います。

—————————————————–

Q2:演じられたキャラクターの魅力(もしくは今回初めて発見した一面など)はありましたか?

平川大輔:第一弾のCDの時にも、最初は女好きでチャラいお兄ちゃんで登場するのですが、普段街の皆に見せている顔などより、彼には純粋でウブで幼い部分があるんですよね。
自分の中で、そういう面が強い人という印象があったので、主人公と二人きりになったシーンでは、そこを出せたらいいなと思っていました。
が、実際やってみると、想像以上にヘタレになってしまいまして(笑)。
普段他人を茶化しているような性格だからこそ、想いをうまく告げられないという場面では「そんなに駄目になっちゃうの?」と、自分でやっておきながら思いました(笑)。
新たな発見といいますか、彼に対して再発見した部分ですね。

木村良平:赤翅とここまで仲良かったんだなと(笑)。
意外と、もっと嫉妬狂うのかと思っていたのですが、赤翅が主人公を好いていることや、彼女とイチャイチャしていることを、嬉しくないと思いつつ受け入れる事は出来ているんだなと思いましたね。
それがちょっと意外だったかもしれません。

—————————————————–

Q3:もしも登場したキャラクター(2人)が、現実に居たとしたらご自身と、どんな関係になりそうでしょうか?

平川大輔:赤翅は、外面的には人の心にスッと入るのが上手い人なので、いつの間にか彼のペースに巻き込まれて仲良くなっていそうな気がします。
白十は、チクリチクリと心に刺さる言葉を言いそうな気がします。
「君のそういうところ嫌い」とか言われちゃいそうですね(笑)。
でも、すごく魅力的な人なのでなぜか嫌いになれない気がするなぁ(笑)。
古薫のメンバーは皆、一緒に居たら大嵐に巻き込まれた感じになりつつも、楽しいんじゃないかなと思います。

木村良平:赤翅とは普通に飲み友になるでしょうね(笑)。
白十は好き嫌いが多くて、店選びに苦労しそうだからなぁ……。
ただ、頭が良いから白十はアナログゲーム会とかに呼びたいかな。
人狼ゲームとか、ボードゲームとか、強そうですよね。
最初に、「心だけは読むなよ!」って言っておきます(笑)。

—————————————————–

Q4:ファンの方へメッセージをお願いいたします。

平川大輔:第1弾のシリーズや、全員出演のドラマCDなどの過去作品ももちろんあるのですが、このシリーズから聴きはじめていただいても十分にお楽しみいただけるのではないかと思います。
今回の作品から興味を持っていただいた方でも、キャラクターたちの過去やどういう経緯があって今に至っているのかな?と思ったら、過去作品を聴いていただくと、より『和奇伝愛』という作品の世界に浸っていただけるんじゃないかなと思います。
美しくて物悲しくて、なんとも切ない部分もある……ですが、すごく綺麗な物語が紡がれていますので、ぜひこの作品に魅せられていただきたいと思います。

木村良平:『和奇伝愛』という作品を続けてきた中で、全員出演のCDなどをやってきたからこそ、その関係性を使った物語が新しく生まれました。
弐ノ巻となるの赤翅と白十は、両方とても独特でぶきっちょなのですが、方向性がまるで違う二人です。
ただそんな二人から愛されイチャイチャするだけではなく、なにやら新たな問題が起きはじめている……ひとつの予感を感じさせる物語になっていますので、ぜひほかの巻と合わせて聴いていただき、その謎が明かされる、今シリーズ最後のドラマCDまで楽しんでいただけたらと思います。よろしくお願いたします。

タイトル:和奇伝愛 永恋詩 ~弐ノ巻 赤翅・白十~
キャスト:赤翅(CV:平川大輔)、白十(CV:木村良平)
品番:XFCD-0024
価格:2,500円+税
発売日:2017年9月27日(水)
発売元:ティームエンタテインメント

■あらすじ
触れた相手の心を操ることができる『妖術師』の赤翅。
触れた相手の心を読むことができる『他心通』の白十。
二人は同じ『古薫』の里で暮らす仲間だ。
しかし一方で、ひとりの少女に想いを寄せる恋敵でもあるーー。
支配することでしか自分の愛を表現できない白十。
大切だからこそ簡単に手が出せず、彼女への独占欲ばかりが高まる赤翅。
互いの欠点に気づきながらも、見てみぬふりをし、冷戦をつづけていた二人。
そんな中、白十が少女にとある行動を起こしたことがきっかけで、赤翅もついに我慢が効かなくなり……?

-----------------------------------------------------------
【おとどけカレシ Vol.3 芦屋奈義】
——あなたの理想のカレシ、おとどけいたします。
恋人派遣サービスを行う企業・BLOSSOM(ブロッサム)からやってきた”理想のカレシ”と、運命の7日間を過ごすキャラクターCD「おとどけカレシ」が、オトメイトレコードから2017年7月26日より6ヶ月連続でリリース!
7月発売のVol.1から順に木村良平、前野智昭、田丸篤志、八代拓、蒼井翔太、興津和幸と今をときめく豪華声優陣が出演。

イラストは美麗かつ存在感のあるイラストで女性向けコミック誌を中心に活躍する”小島ちな”が、シナリオは、女性向けアプリゲームで多数のシナリオを手掛けている”晴日 青(はるひ あお)”が担当。
さらに、女の子であれば誰もが共感してしまうような歌詞と、聴けば元気が湧くようなサウンドが組み合わさり、恋する女の子へのエールソング的な主題歌「Stole my heart」を、数々のオトメイト作品の主題歌を歌唱してきた”織田かおり”が担当。

限られた時間の中、派遣されてきた「理想のカレシ」は、あなたを恋人として存分におもてなし。タイプの異なる魅力的な6人が、毛色の違う『甘く、とろけるような恋人同士のシチュエーション』をお届けします。また、各キャラクターは仕事で「理想のカレシ」を演じているだけで、実は、その本性は全くの別人!理想(フェイク)と現実(リアル)、彼らの2つの顔・ギャップが、作中でコミカルに描かれています。
——理想から始まる本物の恋。あなたも体験してみませんか?

Vol.3 芦屋奈義役 田丸篤志様インタビュー
———————————————————————————————–
Q1:収録を終えてのご感想をお願いいたします。
キャラクターに二面性があるということで、お仕事モードの奈義くんと、素の奈義くんを演じさせていただきました。実際にやりはじめると、そのギャップがとても楽しかったです!
特に素のモードは雑な言葉遣いで弟達と会話をしたり、悪態をついたりするのですが、表面上は見えない、そのキャラクターの素の部分まで演じられるというのは、すごく面白かったですね。

Q2:演じられたキャラクターの「魅力」についてお聞かせください。
『おとどけカレシ』モードの時の奈義くんは、完成している人間だなと思います。
女性を楽しませるために、あそこまで完璧に別人を演じることができるのは、プロとしてすごいなと思います。でも、そもそも彼自身に魅力がなかったら、別人を演じたところで、女性を満足させられないと思いますね。そこが彼に秘められたひとつの魅力なんじゃないかなと。素の奈義くんも、口が悪い一面はあるものの、僕は彼を「嫌な奴」と感じませんでした。おそらく、彼から無意識に人の良さが出ているからじゃないかと思います。

Q3:自分が「BLOSSOM(恋人レンタルサービス会社)」のオーナーだとしたら、ぜひこの人に働いてほしい!と思う人は、身近にいらっしゃいますか?
それこそ、この作品にキャスティングされている皆さんは絶対に働けると思いますね!
ほかだと、沢城千春くんでしょうか。生番組などで共演させていただいたのですが、一緒に居てとても楽しいんです。すごく親近感が湧くというか。
完璧な王子様だと引いてしまう女性も居ると思うのですが、そんな中彼は、「この人近寄れるじゃん」って、相手に警戒されず、受け入れられそうだなと思います。

Q4:ファンの方へメッセージをお願いいたします。
おとどけカレシとして、お仕事モードで見せるミステリアスな奈義くんと、少し経って出て来る素の奈義くんを比較していただくと、すごく魅力的な人物像が見えてくると思います。それによって物語もさらに楽しんで聞いていただけるのではないかと思うので、表の奈義くん、裏の奈義くんどちらも楽しんでいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします!

タイトル:おとどけカレシ Vol.3 芦屋奈義
キャスト:芦屋奈義(CV:田丸篤志)
品番:XFCD-0019
価格:2,200円+税
発売日:2017年9月27日(水)
発売元:ティームエンタテインメント

■ あらすじ
アナタが仕事から帰宅していると、突然目の前に現れたのは、不思議な空気を身にまとった美青年だった。

「今日もお仕事お疲れ様。我慢できなくて、迎えにきちゃった」

まるで、常日頃から隣にいる恋人のように接してくる青年。
警戒しながら正体を問うと、噛み合わない会話に異変を感じ取ったのだろうか、BLOSSOM社から派遣された『おとどけカレシ』だと正体を明かすカレ。
BLOSSOM社は、女性を顧客に恋人派遣サービスを行う今話題の企業だという。

「確かに君から予約があったんだけど……」

しかし、アナタにはそんなものを予約した覚えがない。
二人で事実を確認しあっていく内、真相が判明する。

半年前、失恋のショックでやけ酒したアナタは、酔った勢いで、おとどけカレシを予約してしまっていたのだ――。

困惑するアナタに、奈義はこんな提案をする。

「それじゃあさ、今から俺とデートしてみない?
実際にデートしてみて嫌だと思ったら、もちろんキャンセルしていいよ。
君には選択肢がある。……どう?」

実際に体験して決断できるならと、奈義の提案を受け入れるアナタ。
こうしてカレとの一週間が始まるが……。

関連サイト

スポンサーリンク