Voice-Styleは運用テスト中です

小松未可子、沢井未空、A応Pのラジオ『小松未可子・沢井未空・A応PのMissラジオ』、公開収録レポート到着

小松未可子、沢井未空、A応Pがパーソナリティを務める、ラジオ『小松未可子・沢井未空・A応PのMissラジオ』の公開収録レポートが到着したので紹介しよう。

スポンサーリンク

文化放送は、去る11月27日、渋谷MODI内「HMV&BOOKS TOKYO」6階イベントスペースにて『小松未可子・沢井未空・A応PのMissラジオ』の公開収録を開催しました。

①最初  ②本文2行目後
ゲストはライトノベル作家・渡航先生
 番組として初の公開収録となった今回のイベントは、11月にオープンしたばかりの渋谷MODI内の「HMV&BOOKS TOKYO」6階イベントスペースを会場に開催。会場には多くの番組リスナーが駆けつけました。
 この日のゲストには「SUGOI JAPAN Award 2016」のアニメ部門にノミネートされているアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の原作者であるライトノベル作家・渡航先生が登場。
 まず、同作の内容を渡先生自ら紹介していただいた後、同作に戸塚彩加役で出演中の小松未可子さんの声優としての印象をうかがったところ、渡先生は「アドリブを頻繁にお願いしています。こちらの雑なフリでも完璧に応えてくれるから、制作側も『ま、ここは小松にお任せでいいんじゃない?』って(笑)」と太鼓判を押しました。
 また、渡先生の印象を訊かれた小松さんは「作家としてすごい先生なんですけど、絶対に目を合わせてくれない(笑)」と語りました。この他にも「ライトノベル作家になったきっかけは?」「仕事場はどんな感じ?」「作品の作り方は?」など、ライトノベルの創作についてさまざまなお話をうかがいました。

③ゲスト渡先生  ④まちがっている
出演者全員が「まちがっている」ことを発表
 後半は、スペシャル企画として「みんなで考えよう! やはり俺の○○はまちがっている?」を実施。自分の行動で自信のないことや、「これはちょっと違うんじゃないの?」と不安に思っていることを参加者それぞれがボードに書いて発表しました。
 この企画で一番の盛り上がりを見せたのが、沢井美空さんが発表した「やはり私の『肘の方向』はまちがっている?」。肘の関節を通常とは逆向きに曲げることができるという沢井さんが実際に肘を曲げてみせると、予想を超える肘の曲がり具合に会場からは大きなどよめきが起こりました。
 また、小松さんは「やはり私の『グッズが聖なる水になるなんて』まちがっている?」とアニメでの意外な新グッズ開発をあげ、渡先生は「やはり俺の『キャラソン』はまちがっている?」と自身をモチーフにしたキャラクターソングが制作されたことを話題に挙げ、会場の笑いを誘いました。
 この公開収録の模様は、12月6日、13日の2週にわたって『小松未可子・沢井未空・A応PのMissラジオ』でオンエアいたします。

【イベント概要】
■タイトル:『小松未可子・沢井未空・A応PのMissラジオ』公開収録
■開催日時:2015年11月27日(金)午後5時00分~6時00分
■会場  :渋谷MODI(旧マルイシティ)内 「HMV&BOOKS TOKYO」6階イベントスペース
■出演  :小松未可子、沢井未空、A応P荻野沙織・広瀬ゆうき
■ゲスト :『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の著者・渡航先生

【番組概要】
■タイトル:『小松未可子・沢井未空・A応PのMissラジオ~ミッドナイトカフェ~』
■放送日時:毎週日曜日 深夜1時30分~2時00分
      ※公開収録の模様は12月6日、13日にオンエア
■出演  :小松未可子、沢井未空、A応P

関連サイト

スポンサーリンク